ラテンジャズ!!

やっと、やっと、2ヶ月ぶりにライブを聞きに行くことができました😭

この2ヶ月は我慢していました・・・・😭。

定村史朗さんが演奏される「真夏の夜のデスカルガ」!ラテンジャズ!

初めて入った代官山の「晴れたら空に豆まいて」

さすがラテンのライブ‼️

開演前なのにギューギューの客席はすでに熱く盛り上がっている

バイオリン、ピアノ、ベース、ドラム、パーカッションの5名。
キーワードはとにかくリズム!!と強く感じた!

ドラムの芳垣安洋さんの演奏は何度目か。
バンドにより、違った雰囲気。

パーカッションの大儀見元さんとのバランス絶妙!

それぞれのソロの時の片方の空気の作りかたとか、
もうかっこいいのなんの!

ベースの小泉哲夫さん、ピアノの中島徹さん、クールでユーモアがあり、
超絶であり、余裕があり。

そして、そして、史朗さん、やはりやはりすごかった!!

28年間にわたるニューヨークでのジャズ活動の中でも
ラテンジャズは彼が特に力を入れていたジャンルでもあるとおり、
もう、その演奏は、魂そのもの!!

「宙に浮いたのを感じた!」と「日本でこんな音楽ができるなんて!」
とお初の組み合わせでの音楽が、想像以上に素晴らしいことをとことん感じ、
超楽しみながら、大熱演‼️

こ、こ、こんなすごい人と、演奏しているのか〜〜〜と
いつも思いますが、今回、さらにさらに実感〜〜〜〜。

 

そして、なんとフリューゲルホルンのTOKUさんがシットイン!
(この方が、また、演奏もルックスもかっちょいい!!
HP調べたら、私と同じ歳だった・・・・‼️なんか嬉しい!!)

芯のある音を何かで包み込んだ様な深い音色・・・。
佇まい、渋く・・・

6人のプロフェッショナルなショット、かっこよすぎます。

あ〜〜また音楽について、
考えさせられるすごいライブでした。

なんと史朗さんとは、石井彰さんと一緒に、
9月25日(柏Nardis)
11月1日(大塚GRECO)
12月13日(渋谷の新しい空間)
にステージが控えております!

みなさま、ぜひ日程チェックしておいていただけますとありがたいです。

いよいよトリオバンドとして!!

く〜〜〜〜〜鼻息荒くして頑張ります😊!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください