本気で。

3歳の頃から私のもとで箏を弾いてきた次女と三女。


なかなかタイミングを見つけられずにいたのですが、
そろそろ・・・


来月から一恵先生のレッスンでお世話になる予定です。


長男のときもそうですが、
まるっきりの初心者の頃からはお世話にはならず、
ある程度弾ける様になってから、
先生のお稽古にきっとついていけるだろう、
先生がただただ小さい子供に優しく教えるだけではなくて、
この子を育てただい!と思える位(うまく弾けるかどうかではなくて)の
ちょっとした意志の強さが見えてきたら・・・・

そうしたらお世話になる・・・・と決めて、
これまで子どもたちを一恵先生のレッスンに行かせ始めていました。


それには、私自身の意志の強さも必要。
家で練習させて、自分もそれを確認してやり、
定期的に連れて行くことが可能か・・・・

その頃合いを見ていました。

本当は次女も小学校2年生位で連れて行きたかったのですが、
その頃から、急激に自分の演奏が忙しくなってきた。

とても、上の子達の他に、下の子達の練習を見たり、
または、レッスンにつれていく時間をつくるのがあまりに無謀だった。


でも、この頃、いや、そうじゃないだろう。

きっと自分の演奏が忙しい、レッスンが忙しい・・・・
それに甘えてきていたんだろうと。

私が必死に箏弾いている姿をみてたら、自然と娘達も
一生懸命弾くようになるだろう・・・・。

とか・・・・

自分に都合の良いように・・・考えようとしていたなあ・・・



と反省。


ここは、覚悟を決めて(おおげさ!笑)
ちゃんと向きあわないと!


ということで、このところ、本気で娘達の箏と向き合っています。


いや〜〜〜子供ってすごい。

30分必死に教えるだけで、
どんどん吸い取る。

マイペースながらも、小さいときから、時に厳しく、時に適当にでも
やってきたことが実を結ぶって、こういうことかもしれないと。

押し手をするときの三女の必死の形相。全身の扱い。
トレモロをするときの次女の懇親の良い角度の工夫。


私が言わないのに、いつのまに、
そんな風に楽器と向き合えるようになっていたんだろう。


これなら、一恵先生のお稽古に連れていける。


よし、上の子達を教えていた頃の気持ちが蘇ってきました。


そういう思いをさせてくれる子どもたちに本当に心から感謝です。



ミニミニ水筒✨

次女、三女にとっても小さな水筒を買いました。


120ccしか入りません、笑。
となりのグラスがちょうど120cc程度しか入らないタイプ。
大きさわかりやすいかと思い、並べたけど、わかりにくい・・・・笑。



コロナ禍、小学校では毎日水筒を持参することになっています。
でも寒い季節に入ると、ほとんど飲まずに帰ってくる二人。

ということで、購入しました。


おままごとのような小さな水筒ですが、
雑貨屋さん等によく売ってるのをみかけるので、
使っている大人の方もけっこういるのかもしれないなあ〜〜。


ペットボトルは冷たいお水やお茶で、
この水筒にはHOTコーヒーとか紅茶とかすこし入れて
でかけたり・・・
良さそう〜!


私は、基本的には暖かい飲み物派なので、
夏でもホットコーヒーや紅茶が基本。

レッスンやリハ等に出かけるときは
水筒に暖かい飲み物を入れていくと、それだけで安心。

でも量はそんなにいらないので、いつも半分くらい余る。

これ・・・・いいかも💖


さて、子どもたち、
この細さだと、ランドセルのポケット部分にぴたりと挟まり
倒れる気配もないので、サブバックもいらないかんじです。


帰宅した二人に聞いたら、
量は十分に足りたそうで(もっと水分とった方がいいと思うけど・・・
給食で牛乳のんでるから・・・いいか・・・・)
かなり重宝しそうです。







ブルーライトカットメガネ

人生初メガネはブルーライトカットメガネ✨

jinzというメーカーで5,000円位の物を選びました。

コンタクトもメガネも無縁でしたが、
そのうち老眼鏡が必要な日もくるでしょう。
ちょっとウキウキもするのですが想像以上の似合わなさ。

ウキウキ激減(:_;)

今はPC等、子供でも見る時間があるので、家族皆買いました。
(kids 用もいろいろものなんですね〜!)

効果あるといいな。


うちは、夫氏以外、視力が良いので(最近三男が怪しい)
皆、初メガネ。



使い心地→しばらくPC等見ていても、随分と目が疲れないかんじ。
でもメガネなれてないので、眉間のあたり、もぞもぞ、笑。

PC作業の多い長男は、かなりいい!と大喜び❗

メガネ似合うか選手権。

第一位は次男、笑。


そんな次男は趣味でこんな絵を時々描いているようです。

8年前。そして今年。

8年前。

高齢者施設での演奏は10年位続けていますが、
この頃は息子たち、まだまだ小さい。

この時の記事も、ブログでかつて記事にもしていますが、
FBで思い出の記事として上がってきました。

長男中2,次男小6の頃。

長男はそれなりに反抗期中だったけど協力的でもあった。


なんと、今日、大学の箏曲部のお仲間と全国の高齢者施設向けに、
配信コンサートを行ったそうです❗

マイク4本セットしてZoomで。

喜んでもらえたことと思います。


もちろん、彼らが主催したのではなくて、
とある団体の方から、声をかけていただいて、
東大の箏曲部としては、良い経験になるだろう・・・
ということで、一昨年から、施設にて
ボランティアでの演奏を何度かしていたようです。


コロナ禍になり、
配信を試みることになったそうです。


一度に日本各地、10箇所以上の施設の皆様向けに
配信コンサートだなんて!!
規模が大きいではないですか〜〜〜!!


そして、なんて良いアイディアなのでしょう。


様子をじっくり教えてもらいたいくらいですが・・・・
あまりしつこく聞くと嫌がられると思うので、
我慢我慢、笑。



一応、たまには空気読んでます。はい。



自分と楽器。

しょっちゅうお世話になっているいくつかのお箏屋さん。

年始になるとご年賀を持ってご挨拶にいらっしゃる。

私が留守の間に、子どもたちに託してくださったり、
今年はコロナ禍ということで、近くなのにご丁寧に郵送してくださったり。


楽器屋さんこそ大変なはずなのに(;_;)


お箏やさんと接していると、
つい忘れそうになる日本の昔ながらのやりとりに、清々しくなる。

自分はなかなかできてないので反省も。


昨日は糸締め数面、
今日は新しい生徒さん達用のお爪を買いに、早速お世話になっています。


いつも糸締めとか、小物の購入くらいで、
楽器屋さんになかなか貢献できていない(;_;)
(貢献する・・・・なんて、生意気な表現ですが)

そろそろ自分の本番用の箏も17弦も三絃も撥も買いたい。
今まで、自分用に(息子用にも)新品を買ったことがない。


親から受け継いだ古いものだったり、
お仲間から破格のお値段で譲り受けたものだったり。

破格と言っても、
まとまった面数なので、
それなりに、まとまった金額は必要でした。


当時、私はほとんど収入がなかったわけで、
若いサラリーマンのお給料の中から、
文句も言わずに買ってくれたのは

そうだ・・・夫氏だ!
(思い出した!!笑)

そういえば、最初の17弦は新しいものを時分用に買ってもらったんだった!笑
忘れてた!!
17弦は練習用といっても、新品であればそれなりの金額。
どう工面してくれてたのだろう。

それは東京から高松に転勤が決まり引越すタイミングでした。
26歳の頃。
5月末に引越したのだけど、
その一週間位前に螺鈿隊1stコンサートがあった。
リハで転勤が決まったことをメンバーに伝えたら、
すごく悲しんでくれたと同時に
真由子がいないあいだは、こっちで盛り上げておくから!と本当に力強い皆だった。

そのコンサートの打ち上げ。

一恵先生もいらして、ワイワイと盛り上がっていた。
その席で一恵先生にこっそりと
「あの・・・・17弦を買いたいと思うのですが、お箏屋さん紹介して
いただけないでしょうか・・・」とお話。

「え!!央生が買ってくれるの??やった〜〜〜!!良かったよかった〜!」

で、其の場で

「みなさん、この度、央生くんが、まゆちゃんに17弦をプレゼントしてくれる
ことになりました〜〜〜〜」と発表、笑。

「わ〜〜〜〜!!」と拍手・・・・笑。

ちなみに、もちろん夫氏もその席にいました。
長男は実家の母がその日はみてくれていた。

ということで先生にコソコソ話は無縁なのです、笑。

急にいろいろ蘇ってくる!!


ところで、それまでは内弟子をしていたこともあり、一恵先生のところの
楽器で日々、練習させていただいていたり、
知人から数か月借りてマンションで練習していた時期もあったのでした。

さすがに、マンションで大音量で17弦の練習していたときは
(しかもよる!)
管理人の方から、

「すこし音が漏れているようですが・・・」
とやんわり伝えてもらったことがあった。

仙台の沢井演奏会で「土声」を弾いたり、
螺鈿隊の1st コンサートで「五節の舞」を弾いたり、
その時期17弦での本番が続いていた。

いずれも激しい曲だからな〜😊
でも、13弦の練習ではなにも言われなかったことは、本当にありがたかった。

その後、知人からの楽器は、東京に戻ってきてから。
30歳。
その際に、今のマンションを購入し、貯金をほぼ使い果たしたはず。
その直後だったと思うので
やはり、どこにそんなお金があったのだろう。




すべてのこういったエピソード、経験が最近とても愛おしく感じる。
ああ、やはりその時その時、出来ること、やるべきこと、やりたいこと、
やっておくべきなのだと。
そして今につながっているんだと。


知人(演奏仲間というか先輩)から、
声をかけていただいた時、迷わず買う決断をした。

くり甲3面と17弦1面。
いずれも、それほど古くない。
使用年数は5年前後ではなかっただろうか。


本番用(くり甲)の楽器を一面も持っていなかった自分にとって
本当にありがたいお声かけでした。


そして、とても大好きな方なので、
その方の楽器を受け継いで大切に弾いていきたい
という気持ちが何より大きかった。


これもきっと運命の出会いだったのでしょう。

それらの楽器が、
その後、どれほど素晴らしい役割を果たしてくれたか。

もちろんまだまだ現役で活躍していきますし、一生使い続けます。


それでも新しい楽器もいつか買いたいな。

それが今の夢かな✨


(あ、数ある夢のひとつ、笑・・・かな)

譚歌Ⅱ CD発売されました!!!

【譚歌Ⅱ】のCDが早速昨日届きました!!

譚歌とは日本語でバラード。

金澤英明(bass) 石井彰(piano)

このお二人の待望のCDが昨年リリースされましたが、
早くも第二弾がリリースされました!!

早く聞きたいと思って、
でも、ライブで直接購入したいと思って、
でも行ける機会がなかなか無いと思って、
どうしようと思って、もう待てない〜〜〜!!ってことで、
メールにて注文!!

ついに手元に。嬉しい・・・・(;_;)。

なんとメールをお送りした翌日に届きました!
なんという迅速な対応でしょう💖


早速PCに取り入れて、スマホにも取り入れました!!
面倒な作業がとっても苦手なわたしにしては、異例の速さです!!

それもこれも、はやく聞きたい。
寝るときも、運転中も、お風呂場でも・・・

聞くときは徹底してききますので、
それができる状態に、すぐにしたいのです!笑!

譚歌Ⅰもすばらしかったけど・・・
譚歌Ⅱはさらに想像以上、期待以上のすばらしさ。


一曲目からウルウル。
石若駿くんのライナーノーツをじっくり読みながら。

最後の曲まで一気に聞きました。

そして、その日のうちに何度も聞いてしまいました!

ものすごく心地よいのに、
一瞬たりとも、どの一音も、どの間も耳を離したくない。
曲の順番通りに最初から最後まで聞くと
一つのストーリーになっているようなかんじもして。


美しいものは無条件に美しい。


お二人の音楽は、なんと表現していいか・・・。

大人な音楽であり、
上質な音楽であり、
感性の賜であり、

そこには、見栄もなければ、
これみよがしなテクニックのおしつけもなければ、
(そんなことは、お二人は、もう100年も前から、気にもしていないわけですが)
ただただ、心から奏でたいと思う音、旋律を
瞬間瞬間に生み出している、いや、勝手に生まれているような・・・


それが本当に美しい。
あ〜〜〜こういう音楽家がこの世にいるのだ!

と思うだけで幸せです。


わたしにとっては、
一恵先生の音楽への向き合い方にしても、
というか、音楽への美学というのでしょうか・・・

そういったものや、
人間として大きさ・・・・
このお二人はものすごく共通する部分があるような気がするのです。


出会ったときから、すごく惹かれるものがあったのですが、

だから、やっぱりそういう方たちの音楽は本当に好き❗



このCDを聞いていると、辛いことも嫌なことも
すっかり忘れてしまう。
というか、そんなこと、どうでもよくなる・・・・
というか、なんとかなるだろ

って思えてしまう。


お二人のすばらしさ。
音楽の力。

わたしにとってはお守りみたいな音楽でもあるかも!!

どこまでも浄化されていくような・・・・✨