ブラバン〜サックス〜〜〜

今日は長女がブラスバンドのコンサートがあるということで、
夫氏はその送り迎え&応援に行ってました。


ブラスバンドの先生が昨年から新しい先生になったということなのですが、
いろいろなステージに挑戦させてくださる先生で、
今年だけでも、学校内での行事はもちろんのこと、
外部でも数回、(新宿区の催しや、もうちょっと広範囲の催し等)、ださせていただいています。


5年生になってから入部したばかりなのに、
ほんといろいろ経験させていただいています。


今日は、ちょこっとソロ部分も担当させていただくことになったそうで、
私も聞いて見たいな〜〜〜というかんじもありますが
夫氏とお義母さんやお義父さんが応援に行ってくれました。



さて、夫氏は、自分のサックスのレッスンもあったので、
なんだか、今日は洋楽器デー!!


箏と尺八・・・・・・からは随分と違ったかんじ?笑


わたし的には、洋楽器も和楽器もあまり区別していません。

どちらにも興味はあるし・・・・

ただ、聞く側となると、どちらかというと、昔から洋楽器ばかりです。
なぜか邦楽はあまり聞きたくない・・・・笑。


自分が演奏するからということもあって、
ここはどうなってるんだろうとか・・・・
どう弾いてるんだろう・・・・とか・・・・
そういう聞き方をしてしまうので・・・・・・
音楽として、あまり楽しめないんでしょうね・・・・・^^;。



邦楽を聞くのは、自分が演奏する曲で、参考にするとか・・・・
演奏する曲を探す時のために、いろいろ聞くとか・・・・


そんなかんじであります。


あ・・・・もちろん、忠夫先生や一恵先生、比河流先生のは別です!!笑。
よく聞きます(^^)!!






さて、サックスのストラップ(サックスにひっかけて、首にかけるもの)、
ハギー先生モデルというのが発売になるということで、
FBでも、先生が、昨日、情報公開したばかり!!


そんな噂はもともとあったので、
興味津々だった夫氏。


私の予感として・・・・・
きっと、今日のレッスンで買ってくるのではないだろうか・・・・・



はたして、見事、買って帰ってきました、笑。


決してお安いものではありません。


18,500円!!


あ〜〜〜あ〜〜〜〜。もうハギー先生モデルなら、なんでも買ってしまいそうな勢いの夫氏ですよ。
しかも、最近、普通のストラップ、それでも10,000円するものを買ったばかりなのに。



楽器もあれよあれよと、
わりといいかんじのものを、すぐ買っていたし・・・・笑。

あとは・・・・・なるべく、続きますように・・・・。


さて、ハギー先生は4月に渋谷でライブがありまして・・・・。
なんとしても行きたいな〜〜!!


夫氏はもちろん、すでに予約済みのようです。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

意識次第で・・・・。

Wさん・・・・なんだかんだと、教室でレッスをスタートして、
ずいぶんたつな〜〜〜。


大学1年生になる直前から通ってくれていて・・・


卒業して就職して、その後大学院に行って・・・・



当教室にしては、とっても珍しく、
はじめから明確な目標がしっかりあった生徒さんなので
コンクールにも挑戦したいし、資格もなるべく早くとりたい・・・・


私も、はりきってお稽古したり、資格に挑戦していただいたり、
なるべく演奏会では独奏に挑戦していただいたりと・・・・・
期待もしている分、かなり厳しいレッスンになったことも多々あります。

それでも、めげずに、いつも素直に聞いてくれて、
通い続けてくれていて、ほんとにありがたいことです。



さて、楽器というのは、ある程度のレベルまで行くと、
そこからさらに上を目指そうとすると、
それまでの練習方法や、意識の持ち方では、伸びが停滞してしまうものであります。

楽器の大変であり、かつ、奥の深い魅力でもあるわけですが・・・。


それで、最初の5年くらいはだ〜〜〜〜っと、
難しい曲にも挑戦して、それなりに納得いく演奏で演奏会で演奏できたり・・・・
だったのですが、だんだん、思うように、ぐっと伸びないという時期も続いていました。


それは、就職して忙しくなったり、再び勉学に忙しくなったり・・・・
ということで、時間的な余裕もなくなってきた・・・・という時期と
意識をそれまでよりも高くもっていかないといけないという時期が重なってしまって・・・


右往左往・・・・という時期でありました。


それでも、レッスンには頻度が少ないことも時々ありましたが、
続けて通っていて、古典曲も数えて見たら、上級試験の前後で
5、6曲は制覇していて、
(ひさびさに、レッスンの記録をみておどろきました。こんなにやってたんだ!って)
確実に基礎体力みたいなのはついてきてるな〜〜なんて。


それで、今日のお稽古では
やはり古典曲だったのですが(勉強会には残念ながら、お仕事と見事に重なってしまって、出られないのですが)
前回から見違えるほど、
特に手事の部分がよくなっている。
フレーズを理解して余裕をもって弾けている感じ。

ただ、楽譜を追って弾いているのと、
フレーズを理解して弾いているのとでは、全然ひきこなしぶりも違うし、
こちらへの伝わり方も全然違います。

「よくなったね〜〜〜」とお伝えしたら、


「ちょっとがんばってみました〜〜〜」のようなお返事が、笑。


そして、歌の部分もすごく丁寧で音程が整っている。
でも、ちょっと元気ないかな・・・・遠慮がちかな・・・・
いつもより声量が小さいなあ・・・・どうしたんだろう・・・・


きいてみると


「録音してみたら、大きな声を出すと、音程が狂ってしまっているみたいなので、
小さめにして、今回は音程を少しでも正しくするように、試してみました」


とのこと!!


なんて素晴らしい〜〜〜!!


録音をして練習したということもすごく良いし、
かつ、それをちゃんと聞いて、自分で分析している。

そして、声の出し方とかもいろいろ調べたりもしてみているそうで。


音程に自分で納得いったら
声を大きくしていく・・・・・というのも、
彼女のようにある段階まで行ってからの練習方法として
とてもいいと思います!!



なんだか、ほんと嬉しくなりました。
自分でどうにかしてみようと、いろいろ策を考えてみる・・・・
すごい意識が高くなっている!!



「録音してみたら、テンポが早くなってしまったり、遅くなってしまったり・・・・
していたことも実感できました!!
先生が時々手をたたいて、テンポを修正しているのが、納得でした〜〜」


とか・・・。



とにかく、いろいろと、試したり、感じたりしながら、
自分の演奏を歌を良くして行こうという、意識がぐっと高まったこと・・・・


いよいよだな〜〜!!


次回は現代曲に集中レッスンの予定です!!


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

17歳&19歳。

facebookからの通知で・・・・



あ・・・・長男の誕生日か・・・・
ということは・・・・・次男の誕生日でもあるな・・・・・



と思いだした私でした、笑



2月21日。
17歳と19歳になった二人。



来年は成人式かと思うと・・・・
感慨深い・・・・というかんじでは、それほど、ありませんが、笑、


私も年取るわけだ・・・・・と思う・・・そんなくらいでしょうか・・・・笑。



二人もあまり実感は無いようですが・・・・
「俺は花のセブンティーンだわ〜〜〜」と調子こいている次男でありました。



娘たちからそれぞれに誕生日プレゼント。

なぜか長女、次女は協力して、兄たちそれぞれに、ぬいぐるみのような、クッションのようなどでかい
ものを買っていました。
(あ・・・・ドンキでね)


三女はそれぞれに、「グミ」笑。

長男は次男に本を。
「お前、これでも読んどけ!!」と渡していました、笑。

翌日、焼肉食べたい!というので、
レッスン後娘たちにご飯を作って(簡単に鍋焼きうどん)、食べさせて、
21時半ごろになって、長男、次男&私で近くの牛角へ。
夫氏はサッカーから帰ってくる三男を待って、どこか別のとこへ行くことに。
サッカーからはいつも21時半頃かえってくる三男です。
(期末試験前らしく、のんびり焼肉たべてる時間はないみたいですな)

やはり食べ放題で、かなり今回も食べましたよ。私も。


普通、親が、「これも食べなさい、あれも食べなさい」と子供に言うのでしょうけど・・・・


「これも、食え、あれも食え」と私もじゃんじゃん食べさせられる・・・・・
どいういうこと?笑。


お腹いっぱいになって、23時すぎ、帰宅後、眠くなって、ちょっとソファーでうたた寝・・・・


起きたら24時!
やばい・・・・練習しようと思ってたのに・・・・
そのまま寝ようと思ったけど・・・

練習が全然おいついていないので・・・・
それから教室へ行って2時まで・・・・ちょっと17弦の練習。


よって、翌朝はいつもより、さらに眠いし・・・・。



あ〜〜〜〜不健康・・・。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

重なる。

次男が高校の音楽の授業・・・・

年度末の発表で、箏を弾く・・・・・ということで、
学校の楽器は糸がゆるくて弾きにくい・・・・ということで、

家から持っていく・・・・・ということで、


夫氏が朝から運搬・・・・・ということで、


なにやらバタバタ朝していました。



長男も高校2年の時に、そんなことやってましたっけ。


その時はお友達と3人で「OKOTO」を合奏。
うちに来て3人で猛練習してましたっけ。
もちろん他の二人は初心者の男の子たち。

生徒さんたちの投票で一位をとってましたっけ、笑。


次男は友達に教えたり・・・とかは、大変なので、笑、
一人で弾くことにしたという・・・・笑。



そして、お友達との合奏もするそうで、

コブクロの曲を5人くらいでやるそうです。


次男はボーカル&ギターだそうで、
もう一人のボーカル&ギターの子とハモるそうです。


そううまくいくのかわかりませんが・・・・。


ギターだって、独学で数ヶ月家で、練習していただけ。
お友達も独学だそうですが、かなりガンバッているみたい!

ほんとに大丈夫なのだろうか・・・。。
でも、音楽を楽しんでいる様子はとっても嬉しく思います。


そして・・・・そんなバタバタの朝が終わったころ・・・・


長男からLINEが。

「新宿に迎えにこれる?」



実は数日前から学生三曲の春合宿に行っていた長男。
17弦を自宅から持ち出していたので、(もちろん送っていったのも夫氏でしたが)
帰りも運んでほしいということなのでしょう・・・・。。


いくらなんでも、当日になってから連絡してくるなんてな〜〜〜。

一体いつ帰ってくるのかもよくわかっていなかったので、
お〜〜今日なのか・・・とそのLINEを見て知ったわけですが、
考えてみれば、一人暮らしでもしていれば、いつ合宿に行っているかなんて
確認しないし、そんなものだな〜〜と思いましたが。


(自分も、学生時代合宿のたびに親に報告とかしていなかったしな〜〜〜笑。)


で、子供のいくことはほぼなんでも聞く夫氏は

「いいよ〜〜〜何時〜〜?」とすぐ返事。


過保護やな〜〜〜〜と思いつつ・・・・笑。


私はLINEの推移を見守るだけでした、笑。


そんなわけで、いよいよ、わたしからだけではなく、息子たちからもいいように使われている夫氏・・・・。


そういう運命なのでしょうか・・・( ◠‿◠ )。



とにかく・・・・・感謝しなければ・・・ですね。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

石井智大リーダーライブ♫

大塚グレコ。

すごいだろうと想像はしていたのですが、想像以上でした!


まだまだ年齢的には若いトリオ、
石井智大さん(violin)、
高橋佑成さん(piano)、
金澤力哉さん(base)

ですが、その音楽といったら!!

つくりたい音、音楽が確かなスキルとセンス、表現力で自在にどこまでも広がっていく。
そして3人の息の合い具合もものすごい!


それもそのはず、智大さんは、ジャズピアニスト石井彰さんのご子息。 芸大を卒業と同時にジャズバイオリンを本格始動・・・。
(もちろん、クラシックも引き続き演奏なさって、コンサート、ライブにも出演なさっています)。
お父様のすばらしい才能を引き継ぎ、いかんなく発揮、
努力と勉強をおこたらずにいろいろな挑戦をしている様子に、非常に惹かれます。

そして、お名前からもお察しかと思いますが、金澤力哉さんは、
ベースの金澤英明さんのご子息。
なんとベーシストなのですね〜〜。
金澤さんの3人のお子様はみなさまミュージシャン!!

つまり智大さんと力哉さんは、いわば幼馴染のような
関係なのでしょう。
一緒に演奏するようになってからはまだ長くないと思われますが、
絶対的な信頼感をお互いに感じながらの演奏は
お父様方の演奏と非常に重なり・・・・
聞いていて、とっても不思議な感覚にもなりました!!
そして、ピアニストの高橋さん。
なんと、石井彰さんの生徒さんだったということ!!
高校生の頃から本格的に演奏活動をなさっているだけあって、驚きの演奏でした!!

そんな情報も、客席でまたまたお会いできた石井さんの生徒さんのおかげ!!
一緒のお席で乾杯しなら・・・
いろんなことを教えていただきながら、何倍もライブを楽しむことができ、
そして、充実の時間となったのでした!!



初めてきく曲がほとんど(知らないことだらけだ〜〜〜^^;)でしたが、
どの曲も素敵さやおもしろさが、しっかり伝わってきて、驚きました!

石井智大さんの演奏は、Boysトリオのライブでのとびいり参加の時に聞かせていただいたことは数回あるのですが、
ご本人のライブという形では初めて。
聞かせていただくたびにさらにさらに力がついていて!!

のびやかで繊細で大胆で素敵。

そして、なんて気持ちよさそうに演奏なさるのだろう!
その様子、お父様そっくりであります!!

金澤力哉さん、最初に音を出した瞬間、
英明さんの雰囲気と重なり感動、涙。 刻むリズムや間がなんとも心地よくて、艶としぶさのある音、迫力に惚れ惚れです。


そして、はじめての高橋佑成さんのピアノ。
やわらかいのにクリアな音、要所要所ここぞというときの切れ味の良さ、
すごいものを目にしてしまいました。


ライブ後、楽しく、お話もさせていただいたのですが、
それぞれに魅力的で謙虚で優しくてなんともおもしろい皆さま!

これから日本を代表するジャズプレーヤーになることは
まぎれもない事実だと思う3人。

その様子をじっくりみて、聞いていきたいです!!






さて、今回も美味しい大塚グレコのお食事でした。

「バターチキンカレー」という2月おすすめメニューというのをいただいてみました。



絶品すぎました。
超好みのカレーでした。
サラダのボリュームのすごくて、
満腹〜〜〜!!!


こんなにこんなに素晴らしい演奏を超間近堪能!!

楽しいし、感動するし、勉強にもなるし、
そして、お食事も美味しいし・・・・涙。


贅沢すぎる、幸せすぎる夜、最高であります。



そうそう、写真をとる3人もユーモア溢れています〜!
ちょうど石井さん金澤さん(お父様たちの方)は北海道ツアー中ということで、
札幌ビールで乾杯の一枚!!笑。


そうそう、(書きたいことがおおすぎる・・・笑)

智大さんと、高橋さん、それぞれのユニットのCDもゲットしました!!


年齢的には親世代である私としては、本当は応援する立場なのでしょうけど・・・
応援というよりも、とにかく、いろいろ教えていただきたいみなさまで・・・・・

なんだか・・・・お父様たちにも、息子さんたちにも教えていただいてばかりだな〜〜〜と(^ ^)。


またまた楽しみが増えたのでした!!


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

♫3月1日「亜衣薇」&「木立」対バンライブ開催♬

若干急に決まったのですが・・・・・^^;

3月1日に上のタイトルのライブを開催することになりました!!
(しばらくこの記事をトップに置きますが、日々のブログは、この記事の下に
随時アップいたしております)。

11月にファーストライブを行った「亜衣薇」にとって2回目のライブになります。
2回目は半年後?いや、一年後?と思っていたのですが、
思いの外早く、できることになりまして、すごく嬉しいです!!




そして、「木立」というユニットは、私も以前から大ファンなのですが、


胡弓の木場大輔さんと、ピアノの足立知謙さんのユニット!!
このデュオの世界観は他にありません!!
太鼓判の素敵さです!!
数年前に「俺ふぇす」に出演していたお二人、その時に衝撃を受けまして。
その後、お二人の演奏会やライブに数回伺いまして、
CDもゲットしたりと・・・・・ほんとに素敵な曲、演奏に、うっとりの連続です。


そんな木立のお二人との対バンだなんて〜〜〜〜

(つまり、木場さんは出ずっぱり・・・笑)

すっかり興奮してしまっておりますが・・・・

冷静になって・・・・・がんばります、笑。


場所は前回と同じく、神保町の「楽屋」というライブハウスです。
もしご都合よろしければ、2度目ましてのかたも、初めましての方も、
ぜひぜひ聴きにいらしていただけましたらありがたいです。


こちらのライブハウスはご予約順にお席が決まりますので、
前の方のお席をご希望の際は、ぜひぜひお早めにご予約いただけましたらと。


(お店へ直接、または、私にご連絡いただく・・・・いずれの方法でも大丈夫です)


【胡弓&箏ユニット 亜衣薇 、KODACHI 〜木立〜 ライブ at 神保町 楽屋】

2018年3月1日(木)
18:30 オープン
19:30 & 20:50 スタート

亜衣薇
木場大輔(胡弓)
小林真由子(箏、十七絃箏)
久本桂子(箏、二十絃箏)

KODACHI ~木立~
木場大輔(胡弓)
足立知謙(ピアノ、プログラミング)

予約 3,000円、当日 3,500円(税・飲食代別途)

会場:神保町・「楽屋」
住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-42-7 
ソマードビル1F
電話&FAX 03-3518-9496
ご予約は各メンバーまたはお店へ








 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

亜衣薇リハ♪

3月1日のライブが近づいてきました!!


先日のリハ・・・・・


今回も久本作品、沢井作品、そして、オリジナル・・・・そして古典曲もやるかも・・・・・



ということで、前回と異なる曲がほとんどになりそうです。

木場さんにとっては、久本作品や沢井作品はもともと尺八用だったり三絃用の曲なので、
胡弓の楽譜はないですし、五線譜があれば、かなり良い方で。


それで、お渡ししたばかりの、五線譜(しかもかなり小さいおたまじゃくし・・・・)にくいいる木場さん、笑。


木場さん、いつも飄々と堂々と演奏なさるので、
こんな様子が、ひじょ〜〜〜〜に新鮮です、笑。



ということで、いよいよい近づいて来ました!!


2度目の方も初めての方も、ぜひぜひご都合よろしければ、
いらしていただけましたらと( ^∀^)


それにしても、次回は早くて半年後・・・・


いや一年後かな・・・・・と思っていたのですが、



思いがけず4ヶ月後の開催となったライブ。


そうか・・・・・11月から4ヶ月もたっているんだ・・・・それにも驚くのですが・・・・・。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

バレンタイン。

今年もバレンタインは次男の圧勝でございました、笑。




次男は所属する部活とか多いから、自然と義理チョコを多くもらえるのだろう・・・・・



と判断。



それにしても、もらったスウィーツはほぼすべて手作り。


今の女子高生(小学生も中学生も、そのようですが・・・)、なんてまめなのでしょうか。



いつの頃からか、友チョコ文化も一般的になってきて
渡す人数もきっと多いから(男女問わず)、
たくさんつくって、小さくラッピングして、みんなに配る〜〜


みたいなケースもすごく多いのですね。


長男が高校生のとき、こんなのがありました。

おおきなタッパーに、手作りのクッキー(だったかチョコだったか)をどっさり入れて、

「ここから一個とってね〜〜〜」とクラスの人皆に回していたとか!!



なんというか、ある意味斬新で、私は感激したのでした(^^)。


そう、これくらいバレンタインというのはとっても気軽な雰囲気な場所もあるということでありますね。



大人の世界のバレンタインはよくわかりませんが、私は。



うちの娘達も、なにやら怪しい物を作って、ラッピングして、お友達と交換とかしてました。


もちろん、長女が中心となって作っていましたが、(私はノータッチ。)

初日はパイを焼いていたのですが、
どう見ても私には生焼けに見えたので・・・・


「そ、それは・・・・渡さないほうがいいのではないかしら〜〜〜〜まだ中まで焼けてないかもよ〜〜〜
それは練習用に自分たちで食べて、もう一度新しくやいてみたら?」


とおそるおそる声かけてみました。

「え〜〜〜〜全然大丈夫だよ。だって、ちゃんと膨らんでるよ〜〜〜」


とわりと強気な長女。


でも、しばらくして、やっぱりちょっと心配になったのか・・・・


「やっぱりパイはやめるわ〜〜〜。明日別のつくる。」


(内心ホッとした私でした、笑)

で、チョコレートとかして固めたり、マドレーヌ焼いたり、
いろいろやってましたわ。


で、学校には持っていけないということで、
帰宅後、あっちこっちに配りに走り回っていました、笑。


さて、たくさんもらった次男は机の上に、それを並べていたのですが・・・・
その中の一個を取り出した夫氏・・・・・・。
大人げない会話を次男とLINEで繰り広げていましたわ。




 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

うちあげ(^^)

そして・・・


サックス発表会の打ち上げにも参加させていただきました(*´∀`)。


人数的にも雰囲気的にもうちの教室の催しととっても共通する部分が多くて、
なんだか、すごく不思議なかんじでした〜!!


お一人づつ、自己紹介や感想をお話する時間があったので、
お顔と名前が一致してきました〜!!

そして、先生が最後、お一人づつに講評を!!これには驚きました〜!
今日の演奏内容についての感想や、アドバイス等。 全員ソロ・・・ということもあって、
かなり明確に細かく講評なさっていて、
ご本人にとってもですが、聞いている周りの方にとっても大変勉強となる内容でした。


打ち上げは近くの中華料理会場。

家族経営のようなあたたかい雰囲気のお店。

そこの貸切でした!!

若い男性の生徒さん数名が、部屋の隅に待機して
アルバイトのようなかんじで、
テーブルに食べ物や飲み物を運んだり、注文を聞いたり、
(お店の方だけだと大変そうだったので)
働く、働く〜!!

その様子が、また清々しいのと、彼らのトークもおもしろくて、
まるで漫才トリオのようでした、笑!

いろんな方がかわるがわる、お話にきてくださって。
和楽器のことに興味もってくださって、その話もしたり。

あ〜〜〜〜また世界がひろがりました、涙。


みなさん、ほんとに良い人ばかりで。

ハギー先生に習えるようになって、ほんとに幸運でした。
あ〜〜〜私も習いたいという欲がますます高くなってしまった・・・。
(そもそもは、私が最初に習いたいと思ってたのですが、夫氏に先を越されたのです!笑)


今、ヒジョ〜〜に迷っています。


和楽器もいいけど、やっぱり洋楽器も最高!!♡!!


で、二次会も行きたかったのですが、
家がちょっと遠いし・・・・子供たちも待ってるし・・・・
これから帰っても24時回るし・・・・
(というか・・・・待ってないけど、笑。開放感にひたっているだけですが・・・・・笑)


名残り惜しかったですが、2次会はおいとまでした。


2次会ではみなさんでバーのような所に行って、
なんと、ハギー先生の演奏で、カラオケをしたりしたそうですよ〜〜〜!!

楽しそうすぎる!
というか、贅沢すぎる・・・・・・。


久しぶりに、休日らしい休日をすごした気がしました。




発表会を終えて、俄然やる気がでてきた夫氏。


それまでは週に一回、週末にちょこっ練習するかしないか・・・・
だったのが、発表会の後は、短時間ですが、毎朝毎晩・・・・楽器に触れています。



これが続くかどうかはわかりませんが・・・・笑・・・・


確実に何か大きな変化があったようですよ。



 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

サックス・発表会デビュー。

夫氏、ついに、サックスの発表会デビューしました!!



山梨での開催なので、
日常からちょっと離れて、小旅行気分で(私は・・・・笑) 一日中、楽しんできました。

会場はとっても雰囲気の良い
ロッジ風!!

萩原先生の生徒さんの所有なさっている何か・・・・だそうで、
発表会は毎回こちらで開催されているようです!!

さて、会場に到着すると、30名近くのメンバーが、音出し中!!
そのあまりの音の大きさに、しゃべる声もほとんど聞こえない〜〜!!


サックスはひとりでもかなりの音量ですが、
それが30名〜〜〜!!


圧巻でした!


みなさん真剣に楽器の調整をしていて、
そういう様子をみているだけで、緊張感が伝わってきます。
楽しさの中にも、こういった雰囲気がまた清々しくて、 私はただただ応援にだけ来たので、
なんだか申し訳ない感じです〜。


半分くらいは山梨の生徒さんでしたが、
東京からも10名近く。
そして、岩手や富山県からも生徒さんがかけつけて、
ほんとに遠くから、なんて熱心なのだろうと。


萩原先生の人としての魅力、演奏家、指導者としての魅力はほんとすごいんだな〜
と改めて実感。
そんな先生に習える夫氏・・・・
幸せすぎるな〜〜〜。


本番前に、プログラム順にひとり1分位のリハがありました。
ピアノの生演奏と合奏させていただけるのですが、
テンポや入るタイミングなどを曲ごとに確認する時間です。

サックスは、もちろん、みなさんご自分の楽器を使用。
なので、転換もすごくスムーズ。
調弦替えもないですし、箏に比べて、
すごく、そのあたりはシンプルでうらやましい〜〜〜と眺めていました。


いよいよ本番スタート。

夫氏は2曲目。
あ〜〜〜〜ビデオとる手が震えるくらい、私は緊張したのですが、
本人は、思ってたよりもリラックスできたようで、
ここへきて、尺八を20年続けてきて、ごく時々ではありますが
人前での演奏を経験してきたことが役立ったようです!!

施設で「春の海」を演奏するほうが、ずっと緊張するな〜〜。
と帰り道話していました、笑。


今回30名近く(皆さんソロなので、お一人一曲)の演奏を聞かせていただいて、
本当に楽しかったし、感動したし、勉強にもなりました。


経験年数も違うし、年齢も様々、男性6割、女性4割くらいかな・・・・
皆が一丸になって、他の方の演奏も盛り上げたり、応援する様子が、すごくあたたかくて!

テナーあり、アルトあり、ソプラノあり、

それぞれが取り組んでいる楽器での演奏。

同じ楽器でも音色は実に様々。
個性も溢れていて、本当に素敵でした。


萩原先生は音の出し方、良い音の作り方にとってもこだわって教えてくださるので、
難しい曲に挑戦というよりも、
とにかく、良い音で、大きな音で・・・・
ということに特に最初は重きをおいてくださる。
基本をしっかり身につけることができるご指導で、そのあたりのことも、非常に嬉しい。
夫氏も最初の半年は音を出すだけのレッスンでした。 曲に入ったのはほんと、つい数ヶ月前。


他のところで10年習っていたのだけど、
萩原先生の一回のレッスンで、音が見違えるほどよくなったんです〜〜〜と
おはなしなさっている生徒さんも複数いらっしゃいました。



さて、曲はポピュラーから本格的なジャズスタンダードまで様々!!
そして、お楽しみのは、先生と有志の皆様でのセッション!
それぞれのソロがすご〜〜〜く興味深くて、かっこよかった〜!

そして、最後は萩原先生とピアノの先生のセッション!
(最後の写真。経験が長い生徒さんと先生の演奏。みなさんさすがに、堂々と、楽しんでまして、かっこいい〜〜。
先生は一番右の方です。これは、ソロ回しの部分)

は〜〜〜〜一音出したとたんに、違う世界・・・・。


サックスって、やっぱり大人な楽器だな〜〜。
そして、なんて色っぽいんだろう〜〜〜!!


圧倒的な音圧と音色の美しさ、表現力、そして、超絶アドリブ・・・
間近でこんな演奏がきけるなんて、贅沢でございました。


リハからはじまって、終わるまで5時間強!!
まったく飽きずに、ほんとに楽しい時間でした。


演奏はおもっていたより上手くいかなかった〜〜〜という方も多くいらしたようなのですが、
(演奏後のインタビューで、それぞれ、そんな話もなさっていました)
この日に向けて、練習をして、緊張をのりこえて、
皆の前で音をだす、最後まで吹ききる・・・・・
それがどんなに大変なことか・・・・・
この発表会を乗り越えて、また、みなさんすご〜〜く上達なさるのだろうな〜〜〜。


皆様本当にお忙しい中での練習。
特に、介護をなさってらっしゃるという方も複数。
(年齢的にも50代、60代・・・・というと、親御さんのお世話・・・・というのことは多くなるのですよね・・・)
なかなか練習時間がとれなくて・・・・・・という声も。

ほとんどの方がお仕事をされていて、
どういうふうに練習時間をつくっているか、
また、サックスは、とにかく音量がすごいので、
練習場所確保の工夫等についてのおはなしも、大変興味深かったです。


カラオケボックスや車の中・・・で練習なさる方がすごく多い!!

自宅で練習できる夫氏は・・・かなりめぐまれてるぞ・・・・。


サックスと箏・・・・楽器は違うけど、
いろんな共通点もあって、
あ〜〜〜こういうところ、私も見習いたい〜!真似してみたいな〜〜!!

いろんな発見がありました。


つづく♡


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

  東大生が教えるハヤト塾
  中学生向けの塾を息子がしています

最近のコメント
アーカイブ