誕生日

長男が20歳に、次男が18歳になりました。


2月21日、同じ誕生日・・・・笑。



長男は数日前から、学生三曲の合宿に行っていて、
いったいいつ帰ってくるのだろう・・・・・??


家族皆の認識があっていなくて、

 

「明日じゃない??」

「来週のはず!」


「いや、今日じゃない?」


笑。

ずれすぎ・・・・。


娘たちはなんとしても、
誕生日にプレゼントを渡すという儀式をその日に完結したいらしく、

「いつ帰ってくるか、ラインで聞いてみて〜〜!」と
勝手に私のスマホでライン打ってみたり。


そしたら、ちょうど誕生日の日に帰ってくるということで、
大喜びの娘たち。


さて、長男、帰ってきたものの、
連日、夜遅くまで(いや・・・・朝早くまで??)打ち上がっていたのでしょう、
帰宅後は爆睡。


一瞬、プレゼント渡す時に目覚めたけど、
またすぐ寝てしまい・・・・


笑。



そんなこんなで、
終わった誕生日でした。



魚座・B型兄弟です。


※ところで!合宿では、尺八に挑戦してきたそうな長男。
確か、去年もちょっと吹かせていただいた話をしていたっけな・・・。


さんさんさくら・・・という曲を(教室でも、何度か発表会で演奏しています)
合宿最後に皆でお披露目したそうなのですが、
その尺八パートを。

さらには、途中、数小節、長男だけがソロ・・・みたいな箇所もあてがえられ、(冗談にも程がある、笑!!)。


そしたら、驚くほど、音が出なくて、
ほんとうに出なくて、
そのことにびっくりしたそうです、笑。

はい、周りの方達からは、大爆笑していただき、大変、盛り上がったそうです、笑。


練習では、ちょっとは出るらしいのですが、
いざ人前で・・・となると、ほんとに出ない!!


尺八って・・・・・ほんと音出すの難しいんだ〜〜〜!!


とあらためて、尺八の難しさ、
尺八を自由自在にあやつるプロのみなさま・・・
への敬意の念がグググ・・・・とアップしたそうです。



「音出ないときは、声で誤魔化せばいいから〜〜」

と尺八の先輩にアドバイスいただき、


見事、声でごまかしたそうです、笑。



ナイス!!



それにしても、楽しそうだ!!




 

 


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

URUMA

そして、同じ17日、教室の生徒さん3名が、文京区の三曲演奏会に出演なさいました😃!

曲は沢井忠夫の「URUMA」


なんども3人でそれぞれの御宅で合奏練習を重ね、
教室でも一度、合奏をみせていただき、
さらに、二週間前には、北区でのとあるイベンドで
予行練習もかねて、この曲そして、他にも数曲の合奏を
お披露目!!


一つのステージ演奏にむけての
準備の丁寧さや、前向きさがひしひし伝わってきました。


当日は、Kさん手作りのお揃いのイヤリング(ピアス?)で
衣装の統一感もばっちり💕
かっこいい〜!

沢井のリハのあと、聞きにかけつけたWさんとの記念写真を送ってくださいました!
教室の方が応援にいらしてくださったこと、とっても喜んでらっしゃいました。


(勝手に載せちゃってますが・・・・大丈夫かな・・・・💦)



演奏をしてみて、とっても楽しかったこと、勉強になったこと、
いろいろと感想をお伺いしました。

なにより、今後に向けて、また何かやってみたい!


という意欲がますますでてきたとのこと。



眩しい〜〜〜✨!!





教室以外の場所でも演奏する場をみつけ
実践している生徒さんたちも増えてきました。


多くの方に聞いていただける機会が増えることは
箏曲の魅力を伝えることにもちろん繋がるし、
ご本人たちの力はもちろん、アップするし、
どんどんトライしていただきたい!



もちろん、それには、大きな努力や大変さが伴うわけですが、
それも、笑顔で乗り切っている生徒さんたちからは、
多くを学んでおります💕


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

沢井箏曲院40周年演奏会に向けて始動!!

2月17日

今度の夏(8月)に紀尾井ホールで開催される沢井箏曲院40周年演奏会にむけての
合同練習がいよいよスタートしました。

まだ、本番までは、半年ありますが、始動。

 

 

今回は全曲暗譜・・・・ということに決まりました。

お〜〜〜〜!
ドキドキすると同時に、
絶対良い演奏に繋がるだろう・・・という
確信があります。

 

 

 

特に大合奏・・・・

となると、前にも記事に書いたばかりですが、
ちょっと緊張感がなくなってしまったり、
他の方に頼りそうになってしまったりと


練習にとことん集中する・・・・

というペースがつきにくい。

私ももちろん、そのタイプ💦


でも、暗譜・・・・となると、そうもいかない。


参加する・・・・
一曲弾けるようになる・・・

ということだけではなくて、
確実に各自の力がアップすることは間違いなく、

その変化が今から楽しみであるのです。



もちろん、私自身も暗譜しないといけないわけですが、
優柔不断な私は、
いつも、ギリギリまで、暗譜するかしないかを迷ったりするので、
このように決まってしまえば、

覚悟ができます、笑!!




ただ自分自身はそうとして・・・・
暗譜になったことを生徒さんたちに伝える時は、
ちょっと恐縮しました・・・

申し込み段階では「暗譜」とは決まっていなかったので、
「なんとなく今回は暗譜ではないだろうな〜〜〜」と
予測していて(私が勝手に・・・・)
生徒さんたちにも、
多分、暗譜ということにはならないと思いますよ〜〜〜

と安心させてしまっていたのでした・・・・😭

 

 

「暗譜」となったことをお伝えすると、
みなさん、一瞬、焦っていましたが・・・・

「はい!!わかりました〜〜〜がんばります!!」
ととりあえず、
(内心は・・・・わかりません、はい)
ちゃんと理解してくださいまいて、
助かりました・・・・😭。

 

ごめんなさい・・・・

ほんとにごめんなさい・・・・。




さて、というわけで、参加予定の生徒さんたち、
今回の各曲の各パートごとの合同練習に参加なさいました。


(今回、なんと、
パート別に、ご指導を大先生たちから、まずは、2回も受けさせていただけることに!
これまでになかったことであります。)


受ける時間帯がそれぞれ違いますので、
みなさんから、

「行ってきました〜〜〜〜楽しかったです〜〜〜〜」

といった報告が都度入りました😃



また、その日の教室のレッスンは、その合同練習にこれから行かれる方や、
合同練習を終えてから登場なさる方もいらして、不思議な1日でもありました。

私は夕方から沢井の方へ参加でした。



さて、沢井のスタジオにつくと
ちょうど前の時間帯の練習に参加なさっていたOさんとお会いできました😃

彼女もはじめて沢井の練習に参加なさいましたが、
生徒さんたちがこういった場面で演奏している〜〜
と思うと、
ほんとに感慨深いものがあります😭


吟遊歌の17弦パートは竹澤悦子先生のご指導だったそうで、
目からウロコの合同練習だったと思います。

(う・・・・・私も受けたい!!💕)


で、Oさんから、手作りのパンをいただきまして〜
帰りの運転中、むしゃむしゃと食べながら幸せな時間となりました💕


(その他、帰りに、実行委員の方達から、お子様たちに持って帰って〜〜〜!!
とたくさんのおやつをいただきました・・・・

が・・・・運転中に半分は私が食べてしまったという・・・・ウケる・・・・笑)


ということで、次回の合同練習は4月。
きっとあっという間にやってくるんだろうな〜〜〜。

ちなみに、6月の全体練習までに暗譜・・・・
ということに決まりました。


むむ・・・・・

本番ギリギリまでに暗譜しよう〜〜〜〜〜と
呑気にかまえていた自分を反省・・・・笑。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

スーパーヤングトリオ!!

高田馬場、ホットハウス。

10年以上前になるのかしら。

箏の竹澤悦子先生や尺八の仲間が演奏!

というので、何度か聞きに行っていたライブハウス。

この数年、ジャズプレイーヤーの皆様とありがたくも交流をさせていただくようになり、
とても久しぶりに昨年位から再びホットハウスへ。
当時とはまた違った感覚でお店で聞いている自分。
昨夜もとても濃厚な素敵な時間でした。

レッスン終了後かけつけまして、
22時頃にお店に到着。(歩いて10分なのでほんとにありがたい!!)

(こちらのライブは8時半スタートですが、たいてい、9時近くに遅れてスタートするので、
大変助かっております!!
その適当さ加減がジャズっぽくて、私にあっているなあ〜〜。
と思うのです。

終わる時間もまちまち。
大抵23時すぎ、場合によっては24時近くなることも。
そのあと、お客さんメンバーどうして、飲んだりもして・・・気づくと24時をとっくにすぎていたり。
きっちり、かっちりは、本当に苦手です。)

セカンドしか聞けなかったのですが、
ギターのデシオさんのオリジナル、(こうじ君のこの店のみでのあだ名。ママさん命名!!)

ベースのスエキチさん(金澤英明さんジュニア。末っ子なので、こう名付けられた!!)
のオリジナル。

バイオリンのオンリーさん(石井彰さんのご子息!)が選んだポーランドの(さすが!)、
ファーストワルツ・・・・等、

熱く、美しく、優しく・・・・響きました。

それにしても、本当にそれぞれに、ものすごい力があります。
音楽そのものの知識や技量・・・・
というのは、もうすでにしっかり備わっていて・・・


そこから、どうやって、自分たちの個性を出していくか、
新しいフレーズを作り出していくか、
もっともっとおもしろくしていくか・・・


彼らを見ていると、このまま、10年、20年、30年・・・・
きっと音楽の限界・・・・というところまで、
追っていくのだろうな〜〜〜。

本当にうらやましい・・・・と思うのです。



常に、アイディアや、新しいものへの探究心を鍛えながら、
それでいて、基本の力も維持、向上していくための努力を惜しまない。

 

本当にジャズの皆様の、
幅広い、取り組みには、目を見張るものがあり、
視野を広く持つことの大切さはもちろんですが、
音楽・・・・ってなんなんだろう・・・・

って、ライブのたびに、身につまされます。

今回も恐ろしいほどの刺激をいただきましたよ。


そしてそして、お楽しみ〜〜!!
賀子さんにも、お会いできまして🍻を美味しくいただきながら、
3月のそれぞれの発表会のお話等でも盛り上がりまして〜‼️

楽しかった〜💕💕


ちなみに、このライブハウスは、お客様の席は10もありません。
5、6人入ると、もういっぱい!!
今回も満席で、私は、ぎりぎり、石井オンリーさんが荷物置きにつかっていた椅子を
お借りして、座ることができました😃

バイオリンの弓が顔にぶつかりそうな臨場感!!笑。
ということで、こういう写真になりましたよ〜〜〜。



ところで、石井彰さんのところの発表会も3月にあるのだそうですよ〜〜〜!!

いってみたい・・・・でもお邪魔かな・・・・・笑。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

幸せなバレンタイン?

今年は(も?)バレンタインぽいことが何もなかったけど、
幼稚園の妹の迎えのときにお菓子をあげたりもらったりしているのをみて
幸せな気持ちになれたから満足」

という長男のツイートを発見!!


お〜〜〜〜〜なんだか、大人になったな〜〜〜笑!!


これが彼の本心なのか・・・・
または、イメージアップを狙っているのか・・・・



は定かではございません。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

ギターリスト?😎

三女。

昨年末からおもちゃのバイオリンをサンタさんからもらったり、
ギター欲しいというので、プラスチックのウクレレをかったり
(本人はギターだと思っている)・・・。



このところ弾き語りにはまってます。

(形から・・の人。誰かにとっても似ている・・・・・・)

 

20190214-204413


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

ピアニスト?💕


4月の大塚グレコ!

私、ピアノ弾きます!!!!(嘘、笑)


お店のHP見たら、こうなってたのですが、なんか嬉しいな〜‼️


ピアニストへの憧れは昔から・・・・とどまることを知りません。



しばらくこうしておきたいと思います、笑!

 


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

音源審査😃

昨年末、沢井箏曲院の音源審査(資格試験)に合格した生徒さんたちの修了証書授与😍
(な〜〜んて、レッスンの際、手渡しさせていただいただけですが💦

それぞれ、初級、中級に合格。
さらに、それぞれ「優位」という賞もいただきました😭

お二人とも、基本を大切に、
地道に、そして、熱意を持って取り組んでいたので、本当に嬉しい。
中学1年生の男の子も合格!
(風邪でおやすみしていてまだお渡しできていないけど😃

親子でとっても喜んでいました!


合格がどうとか、賞がどうとかではないけれど、
やはり、自分の演奏を録音して提出するということ自体、
そりゃ〜〜もう大変なことであり、
確実にぐっと力がついたな〜と感じます。

これからが、さらに楽しみであります。

う〜〜私も録音しないとな〜(何を?笑)。
生徒さんたちから刺激をいただく日々💕

それにしても、結局は、地道な練習の積み重ねが上達につながるのだな〜〜と
心底実感している今日この頃。

久々の発表会ということで、
私もレッスンにはいつも以上に力が入りますが、
生徒さん達も確実に真剣度が違います。

練習量が増えているのかどうかは、簡単には判断できませんが、
もし同じ練習量だとしても、集中力は確実に違っていると思います。

発表会をすることになり、生徒さん達にお伝えしてから、
5ヶ月がたちます。

実際に曲が決まってから、
練習をし始めたのは10月〜11月位からになりますので、
3、4ヶ月くらいになります。


最初の1、2くらいは、
まず譜読み段階なので、
リズムを確認したり、音を正しく追って行ったり・・・・

人によっては、譜読みがすぐ終わってしまって、
あと、4ヶ月、どういった取り組みがいいかな・・・

と、思うこともあれば、
譜読みそのものに、3ヶ月位かかる場合もあります。
(ここで言う譜読み・・・・というのにも、それぞれ個人差はあります。

なんとなく、正しいリズムを理解し、ゆっくり、最後まで指使いも確認する・・・・
(弾けるか弾けないかはまだこの段階ではあまり関係しない)
ということを譜読み終了・・・・
と言うこともあるし、
上のことにプラスして、ゆっくりだったら、最後までだいたい正しく弾ける・・・
くらいを譜読み終了・・・・・
と言うこともあるし、
さらにプラスして、だいたい理想の店舗で、だいたい弾ける・・・・
あとは、じっくり表現力をどうするか・・・・
ということを譜読み終了・・・・

とうこともある。
曲によっても違うし
私自身も、その時、その曲によっては、譜読みの概念は都度ちがいます。

なので、どれでもいいのです😃

 

で、肝心なのは、そのあと。

そのあと、どれくらいじっくり取り組めるか・・・

(時間だけではなく、集中力かなあと。もちろん時間があればあるほど、気持ちを落ち着けて取り組めるので、理想的なかんじもありますが、
時間がありすぎるのも、またなかなか緊張感があまり出てこなくて、
人によっては、あまり集中できな場合もある。
結局は最後の1ヶ月、一週間でが〜〜〜っと集中する場合もあるので、これも、それぞれ😃)



レッスンだけで終えてしまう曲の場合は、
そこがあまり徹底しないで終わってしまうことも多い。

でも、発表会にむけてとなると、
準備期間がもある程度あるということもあり、
細かい部分の充実にも力を徹底的に入れるようになってくる・・・・

そして、しばらくたつと、確実に基礎の力があっているのです。

 

それが何より嬉しい。

ただ、さら〜〜〜っと、曲を通すことは、
経験がある程度ある人であれば、
譜読みをきっちりと行い、ある程度の練習でなんとかかんとか形になったりする。


でもそうではない部分。


トレモロひとつとっても、
地道に取り組んでいるトレモロは音色も粒も、音量の変化も全然違う。

シャン・・・・ひとつとっても、
弾く場所、力の入れ具合、出したいイメージ・・・・
吟味するかどうかで、やはり印象は全然違う。

でも、それは、本当に地道な練習無くしては生まれてこない音。


ぱっとは上達が見えにくいことでもありますが、
それでも、そういった積み重ねが、


ぐっと一回り違った演奏につながる。

地味なとりくみ、地味な練習・・・・

そういったことに取り組める力・・・・

がそれぞれに付いてきている・・・・

それが一番嬉しいことであります。



さて、発表会がおわると5月には、また音源審査がありますが、
次回は、どなたか受けるかしら・・・・。

まだ決まっていません😃


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

あきのまゆこしろう Jazz Live vol.4‼️

少し先ですがライブのご案内です!

 【石井彰(pf)、定村史朗(vln)、小林真由子(箏)Jazz Live vol.4】

2019年4月19日(金)

Open 19:00
Start  20:00
(前半20時〜、 休憩20分 、後半21時20分〜)

会場:大塚GRECO

チケット:3,500円(前半、後半、お飲み物等、要各1オーダー)


最高に素晴らしいお二人と今年も一緒に音をつくれる。

最高に素晴らしい・・・・

だけだと表現は不十分すぎます。

長く、深く、幅広い音楽の経験があるお二人。

音そのものや、その音によりつくらる空気間そのものの充実を
どこまでも追求している。

そして、想像力をどこまでも
膨らませて、
一つのフレーズから(たった数小節の)、
どこまでも豊かな世界が生まれる。

石井さん、
「またディープに行きましょう!!」

とのこと。

ディープ!!

春・・・・ということで、
春にちなんだジャズスタンダードとか・・・もできたらいいな〜〜〜。

今回は金曜日の夜開催・・・・
実は初めてかもしれません😃

しばらく先ではございますが、
ご都合よろしければ、
ぜひぜひいらしていただけましたら嬉しいです!

ご予約の際は、小林までお知らせくださいませ💕

ところで
「あきのまゆこしろう」

前回のライブ直前に
(秋だったこともあり、彰の「あき」とも重ねて)
石井さんが、ライブのタイトルを即席でつけてくださいました!!

ひらがなでシンプルで、けっこういいかんじ〜〜!!

これが定番化してしまおうかな〜〜😍

今回は「秋」ではないけど、笑。

ぜひとも、どうぞよろしくお願いいたします。


 


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

雲ノ陽エノ空

本日は日曜日でしたが、
レッスンは少なめで6名様にさせていただきました💦

終了と同時に、本八幡へ駆けつけました!

2ヶ月前から、お知らせいただき、 楽しみにしていたライブ。

若手ギターリストの古市響平さんリーダーライブ!

ピアノは、な、な、なんと石井彰さん😊!

オリジナルを6曲含む全9曲。

あかり、雫の掌、Shiki〜織〜、Omit 、クヲン〜久遠〜等等


オリジナル曲ならではですが、
作曲したときの様子等、色彩豊かにお話してくださり情景が浮かぶようでした。
(石井さんのツッコミが・・・またおもしろかった😊

古市さんの曲は、 タイトルにも曲想にもどこか「和」を感じるのです。

グイグイ、バリバリ、というギターではなく、
とても繊細なフレーズ、繊細な音色、
美しい粒・・・・

まだ20代半ばの青年がこういう演奏をするのか〜〜!!

こういう曲を作るのか〜〜!!

もう驚きでしかありません。

石井さんが古市さんのことを「静かなる武士」と表現していましたが、
とてもしっくりきます。

たしか前回聞かせていただいた曲。 まだタイトルがついてない・・・と話していた曲に今回、「こえ」というタイトルがついたのも
とても興味深かった。

なんともいいかんじです!

古市さんと初めてお会いしたのは、
中野スゥートレインでの中牟礼さん(日本のジャズギターリスト界のレジェンド!)のライブ。
(金澤さんが中牟礼さんからいろんなお話を聞き出す!という貴重なライブ)。

その時、ご紹介を受けました。
それから彼のオリジナルCD「雲ノ陽エノ空」を聞きました。

やわらかくも、情熱的な雰囲気、素敵なのです。
昨年、一度、やはり同じ本八幡のライブハウスで彼の演奏を聞きました。
その時はトリオ(ギター、ドラム、ベース)で聞かせていただき、
今回は多くの同じ曲をピアノとデュオで。

お〜〜〜!石井さんのピアノが入った世界。
古市さんの曲がまたさらに、幻想的に〜!!

終始、前のめりで堪能。

また違った古市さんの一面、
曲の美しさ、豊かさを感じたのでした。

古市さん、本当に石井さんに憧れてらっしゃるようで
(そりゃそうです。多くのジャズプレーヤーが同じように思っているのです)
心底、楽しそうに、嬉しそうに演奏なさっていました。

カバー曲ももちろん、数曲、
そして、アンコールでは「浜辺の歌」!!

途中、ロック魂(やはりギターリストの皆様はどこかにそういう部分絶対ありますよね!!)
が見え隠れし、演奏がまたさらにグッとスパイシーになる展開もあって、
それもまたかっこいい〜〜!!

ちぇっ!!

ギター・・・・

かっこいいぜ〜〜!!

くやしいぜ〜〜〜〜!!

って、いつもなるのですよ。はい。
あ〜〜ギター、誰か教えてください・・・・😭。

会場はたくさんのお客様。
賀子さんとも久しぶりにお会いできたのですよ!!
嬉しかった〜💕

ジャズボーカリストの瀬口さんとも同じ席で、
わいわいお話盛り上がり〜💕

また、昨年グレコライブにいらしてくださっていた遠方からのお客様にもお会いできたり😊

そしてそして、なんと!

石井彰さん写真集、はやくも第2弾が〜〜〜!!

「Paris」!

もちろん即ゲットでございます。

嬉しい!

 

 

本八幡のクールジョジョはまだ昨年から3回目。

 

高田馬場からはあまり遠く無いんです😊

 

 

またを楽しみに😊


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ