焦り焦りの💦

親睦会、
子供の部のお弁当は、今回は、関口フランスパンというパン屋さんのランチボックス❣️

昨年の夏にも利用させていただきました!

教室のKさんから、パンフレットを以前いただいていまして、
「先生、こんなのもありますよ〜〜〜!!」と
美味しくて、デリバリーもしてくださるとのこと、
しかも教室からも割と近くて、なんてナイスな〜!!


そして、実際、とっても美味しくて、可愛くて
(子供用にはパンダのクリームパンもついています。フルーツやちょこっとお惣菜も)
お店の方の対応も素晴らしく、
リピーターになっているのです。

3月の古典勉強会のときにはおにぎり弁当でした。
そちらも、おにちぎり、おかずと、食べやすくパッッキングされていて
(2度めの利用でした)、とってお便利でおいしい!


お昼の親睦会はゆっくりと時間を使うことができないので、
しっかり目のお弁当というかんじでもなく、(時間も早くからスタートなので)
少しカジュアルに・・・・というイメージで選んでいますが、
子供たち、いっぱい食べれくれてよかった!!

関口フランスパン、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
イートインもできてデリバリーもできて、素敵なお店です!

(って、行ったことはないのですが、笑、)

場所は、ホテル椿山荘の近くでございます〜。
(他にもいくつか都内に店舗があるそうです)


そして、ドキドキだった大人の部のお弁当・・・💦


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

かなり冷や汗・・・💦

大人の部の親睦会😊

お弁当やビール、ワイン等で、ワイワイと交流🍷

実は、教室の近くに「今半」工場があるので(工場というか支店?よくわかりませんが・・・・)
そちらのお弁当を頼むことも多いのですが、
前回は、叙々苑の焼肉弁当・・・

で、今回は、初めて
ずっと気になっていた大戸屋の御前弁当・・・というのを頼んでみました。

前回も、前々回も、
頼もうと思っていたのですが、
タイミングが合わず、(すでに締め切られていたりで)
今回初めて頼めたのですが・・・・・

最初、勉強会の10日ほど前に、

dav



電話で予約を入れた・・・・・のですが、(私はそのつもりでした)
数日まえに個数の変更を伝えるために、電話をすると
予約が入っていなかったのです!!

うひゃ〜〜〜〜〜ドキドキドキ・・・・・

どういうこと??

10日前の電話に対応してくだったのは日本人だったのですが、
対応してくださっていた方のお名前を確認するのを忘れていました。
こんなとき、やはり名前は確認しておく方が絶対いい・・・・と思ったのでした。
なんとなく、厨房がわさわさしている時の電話だったので、
少し心配はあったのですが・・・
キャンセルや個数変更は2日前まで可能ですので〜〜〜。と言われたままでした。

今回対応してくださったのは、
海外の男性。

よって、日本語が7割位は通じるのですが、
どうも通じにくい部分もあって、
しばらく、
どうして予約ができていなかったのか、
間違っていたのか・・・・ラチがあかない・・・・みたいな会話が続き。

(でもお互い険悪なかんじではなくて、笑、
え??どうしででしょう〜〜〜〜??
おかしいですよね〜〜〜??みたいな)


いや〜〜〜今回も注文できないで終わるのかな〜〜〜。
でも、今から他のお店に注文するのも、間に合うのだろうか・・・・・
等等よぎりつつ会話続行。


そうしたら、ギリギリこれから新規予約・・・・
という対応ができるということなので、
あらためて、予約お願いしたのですが・・・・


(でも自分としては、なんとなく腑に落ちないんだよな〜〜〜。
ま、いいけど。)

さて、2度めの改めましての予約・・・
17日・・・・と伝えているのに、
・・・・18日ですね!とか

17時に・・・と伝えているのに
15時ですね・・・・・とか・・・・

笑・・・・

う〜〜〜む、ひじょ〜〜〜に心配・・・・

なんども確認しまして・・・・
多分、大丈夫だろう・・・・
と覚悟を決めて、笑。

で、最後、合計金額を伺ったら、
(お釣りをないようにして準備しておきたかったので)

「え〜〜〜と一つ〇〇円なので、それが30個位なので・・・
え〜〜〜と大体3万円と数千円くらいですかね〜〜〜。
いや・・・・4万円あれば足りる・・・・と思います〜〜〜😊」

とのお返事!笑。
(結局4万円では足りなかったのですが・・・・笑)


いや・・・・それくらいは私でもすぐ計算できますけど〜〜〜
きっちりした金額知りたいな〜〜〜〜。


でも、それ以上聞きませんでした、笑。

そういうアバウト感、けっこう好きです・・・・😊


ところで、当日の夕方まで、ほんとにちゃんとお弁当が準備できているのかどうか、
非常に心配だったのです。

う〜〜む、もしできていなかったら・・・・
近くのコンビニでお弁当やお惣菜を買い占めるしかないか・・・
とも考えていました・・・💦


でも、無事に受け取ることができまして。
乾杯できました🍺

こちらはのお店はデリバリーはやっていないので、
夫氏が今回初参加の、男性生徒さんと一緒に取りに行きました。



ご飯が少なめ、おかずが多めの、いいかんじのお弁当でした😊


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

ミニ勉強会・大人の部😊

お昼から大人の部。

ポピュラー曲合奏コーナーでは、
以前箏仲間ぴっくんに教えていただいた楽譜「もののけ姫」に挑戦。

弾いてみたいという方沢山。
30分交代で10名づつでの練習でした。

dav



30分で一曲(ざっくりとではありますが)仕上げるという荒技もなんとかクリア!
最初一回通して、ちょこっと部分的に確認して、最後に一回通すという
とてもシンプルな工程ですが、一回めと最後の通し演奏では随分と違っていました。

最初の10名の皆様は、ラストの方の細かなリズム部分がくずれそうになるのが
見事正確になり、強弱が全体的にしっかりついていました。

hdr



後半の11名の皆様は、前半の方達の演奏を見学していたこともあり、
確認した部分等、それぞれが気をつけながら、最初から演奏できましたので、
曲想に重きをおいての短時間確認。
最後の通しでは、もののけ姫の綺麗なメロディー、やわらいかんじ、切ない感じを
だせていた感じ!!

たった30分でこんなに変化がでるもんだな〜〜〜〜
と初めての挑戦にも効果を感じました。


その後は、それぞれにいろんな曲。
トータル5時間の勉強会でした。

レッスン中の曲や、過去に弾いた曲の伴奏に挑戦等、
それぞれの課題に取り組みました。

ハプニングもいろいろありましたが、ほぼ私が招いたハプニングでした〜〜反省。

以前は「前の席は絶対絶対無理です〜」
「同じパート2名以上じゃないと無理です〜」
「合図出しなんて、とてもとても〜!」
という言葉がたくさん飛び交っていたのですが、
最近では「はい、わかりました!やります!」というセリフも増えてきて、なんと頼もしい。


(「無理です」と言ったところで、先生は聞いてくれないだろう、というのが実態らしいです、笑)


勉強会の意義というのは、 ただただ演奏を楽しむというのではなくて
大なり小なり、それぞれの方が課題に取り組み、
それを人前で弾くことで、何か一つでも発見する・・・
(日頃のレッスンや練習では自分の演奏について、よく考えているようでも
意外に、冷静にみれていないことも多いのですが、
他の方と演奏したり、人前で演奏をすると、
自分にとって難しい課題というのがあからさまに見えてくる。
(演奏の技術についても、または、緊張したときの自分の反応についても)
そして、同様に、得意とする部分、自信をもてる部分も、発見できたりする。

そんな点を一つでも多くみつけて、
これからの演奏へのヒントにしていく・・・・

それは、私にとっても同じで、
その方その方、今後、レッスンで気をつけていくべきポイントが
よりはっきりして、
レッスンを非常に効果的にすすめることができるのです。


当教室は、演奏家の育成を中心にしているわけでもなく、
コンクール等、目指している人はごく少数。
「趣味」としての習い事というのが基本スタイル。
(どうみても趣味をこえてきている熱心な方も増えてますが)

楽器演奏とは無縁だった方がとても多く、
五線譜は全く読めないし、音感やリズム感、自信ないのですが大丈夫でしょうか?
とスタートする方もすごく多い。

最近ではご年配の方で、認知症予防のためにきました!
という(半分冗談、半分本気)方も少なくありません。


じっくりじっくり教室の成長とともに、
それぞれの方がそれぞれのペースで力をつけてきた10年。
来年、10周年の発表会を迎えます。


学校、お仕事、ご家庭等、ありつつの生徒さん達。
生活の中で決して「箏」が締める割合は一番ではないはずなのに、
お稽古に通い続けてくれて、催しにも協力してくれるパワー。頭がさがります。


決して、演奏家のように完成度の高い合奏ができるとか、
バリバリ独奏する・・ということではないですが、
いずれ、そんなことが実現す日もくるような気もします!

継続は力なり。その方その方のここ数年の変化はすごいです。


なにより、一堂に会した時のパワーがすごい。
(演奏も、その他も、笑)。

親睦会も、お腹がよじれる程、頬の肉がいたくなるほど笑いましたが・・・・
中には、反省点をしっかりお話する方や、10周年にむけての気合いを話す方もいたり。


「あ、そうだ、今日は飲み会ではなく勉強会だった!」と、ふと我にかえったり!



また一つ、教室の歴史ができたのでした💕


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

ミニ勉強会・子供の部😊

17日は1日がかりの教室のミニ勉強会でした。

一ヶ月前に急遽企画したにもかかわらず、
多くの生徒さんたちが集まってくださいました。

午前は子供の部。

hdr



さすがに2学期の行事や連休のご予定で、
参加人数は限られたのですが、
アットホームでほのぼの良き時間
1時間程度の演奏の後、ランチ交流です。

純粋な演奏に(大人の方が純粋じゃない、というわけではございませんが、笑。)
やられました。

個性のある音色、表現で、なにより皆が素!!
なんとも可愛かった!

hdr



 

でも、子供って強いなあと部分が多くて

弱音をはかないんですよね・・・

(感じていないだけなのかもしれないし、または、のりこえないといけないんだと
本能で思っているのか・・・・)

緊張する〜〜とか
まちがったらどうしよう〜〜とか
練習してないからまずい〜〜〜とか

大人だとついつい出してしまう言葉を
ほとんど出さない。
(出してはいけないということではないですが)

 

淡々と席に座って
いつものかんじで弾いて
弾き終わると他の子達の演奏に集中したり、
お菓子を食べたり・・・・

オンとオフの切り替えが素晴らしくうまいというか・・・。


演奏がうまくいかなかったとしても
またはうまくいったとしても
落ち込むことでもなく、はしゃぐことでもなく、
 

これくらいやったから、これくらいの演奏はできるだろうとか、
間違えたのは、きっと、こんな理由だろうとか、
あとどれくらい練習すれば、きっと、うまくいくだろうとか、

客観的に、冷静にとらえているかんじがする・・・。


他のお友達に対しても、
自分は自分、お友達はお友達
という目線できけていて、
決して比べる・・・・というかんじではない。

だから先にす〜〜〜っとすすめるのかな😊


確かにな・・・・

比べたところで、
比べるポイントによって
演奏のよしあしは全然違ってくる。

間違えないのを良い演奏、ととることもあるだろうし、
音が大きいのがいいとする場合もあるだろうし、
曲の雰囲気を大事にしているのが良い演奏ともいえるし・・・


比べることって、
危険だったりもする。


ミスなく弾けたとしても、
基本ができてない場合だってあるし、
(でもたいていの場合、基本がしっかりできてると、自ずとミスも減ってくるとい
関連も否めませんが)

リズム感があまり良くないと思っても、
驚くほど表現力が豊かな場合もある。

音が大きくても雑音が混じって入れば心地よく聞こえないこともあるし、
小さな音でも丁寧で芯があれば、心に響く音になる。

さらに合奏になると、たとえ自分はちゃんとできていても(できているつもりでも)
他の人の音を感じずに、自分一人が、が〜〜〜っと進むということも起こりえるし、
(私、このパターン多し!!)

逆に、ミスが多くて、タトタドしいのは、他の方の演奏をよ〜〜〜く聞いている
ただ、それが聞きすぎてしまって、自分の演奏に集中できなくなっているだけで、
ミスするからといって、悪いことばかりでもない。

なので、比べるということや、
こういう演奏が良い演奏って思い込んでしまうことは
危険であるなあと。

とはいえ、その人その人の中で、向上していくには
やはり努力はつきものなので、
それは、それぞれの課題として・・・・

子供の力って、
飲み込みが早いとか、器用とか、若さならではの能力も大きいけど、
気持ちの自然な持っていきかた
みたいなのが、大人とは一番違うのかもしれないな。


とこういった会ではいつも思うのです。

 

さて、OBの長男も参加ですが、
中学生のAくんが、長男とちびっ子達のちょうど年齢的に間の存在。

中間管理職のように、長男の指示を皆に的確に伝えて遊んでいる様子が、
なんだか面白くて、保護者の皆様達と大笑いでした。

演奏のみでなく、いろんな点で頼りになる存在にいつの間にかなっていたAくん。

トランプでは、ババ抜きとか、七並べとかしていましたが、
はたして、幼稚園児達はわかってやっていたのだろうか?笑。
楽しそうだったので、よしとしますが、笑。

そして食べるのが一番遅い長男にも驚いた (写真でお分かりの通り、笑、皆トランプしてるのに、一人でまだ食べてる・・・・💦)

保護者の皆様達とは、子供達の練習の様子やら、
受験のことやら、おしゃべりも尽きません

 

 

 

午後の大人の部にむけての、癒しの子どもの部でした💕


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

ミニ勉強会😊

17日は1日がかりの教室のミニ勉強会でした。

一ヶ月前に急遽企画したにもかかわらず、
多くの生徒さんたちが集まってくださいました。

午前は子供の部。

hdr



さすがに2学期の行事や連休のご予定で、
参加人数は限られたのですが、
アットホームでほのぼの良き時間
1時間程度の演奏の後、ランチ交流です。

純粋な演奏に(大人の方が純粋じゃない、というわけではございませんが、笑。)
やられました。

個性のある音色、表現で、なにより皆が素!!
なんとも可愛かった!



でも、子供って強いなあと部分が多くて


弱音をはかないんですよね・・・

(感じていないだけなのかもしれないし、または、のりこえないといけないんだと
本能で思っているのか・・・・)

緊張する〜〜とか
まちがったらどうしよう〜〜とか
練習してないからまずい〜〜〜とか

大人だとついつい出してしまう言葉を
ほとんど出さない。

(出してはいけないということではないですが)

 

淡々と席に座って
いつものかんじで弾いて
弾き終わると他の子達の演奏に集中したり、
お菓子を食べたり・・・・

オンとオフの切り替えが素晴らしくうまいというか・・・。


演奏がうまくいかなかったとしても
またはうまくいったとしても
落ち込むことでもなく、はしゃぐことでもなく、


自分はこれくらいやったから、これくらいの演奏だろう、
というのが、大人よりもっと冷静に判断できでいるるかんじもある。


なので、また先にす〜〜〜〜っと進めるのかなあ。


子供の力って、
飲み込みが早いとか、器用とか、若さならではの能力も大きいけど、
きもちの自然な持っていきかた・・・・
みたいなのが、大人とは一番違うのかもしれないな〜。


とこういった会ではいつも思うのです。




さて、OBの長男も参加ですが、
中学生のAくんが、長男とちびっ子達のちょうど年齢的に間の存在。

中間管理職のように、長男の指示を皆に的確に伝えて遊んでいる様子が、
なんだか面白くて、保護者の皆様達と大笑いでした。

演奏のみでなく、いろんな点で頼りになる存在にいつの間にかなっていたAくん。

トランプでは、ババ抜きとか、七並べとかしていましたが、
はたして、幼稚園児達はわかってやっていたのだろうか?笑。
楽しそうだったので、よしとしますが、笑。

そして食べるのが一番遅い長男にも驚いた
保護者の皆様達とは、子供達の練習の様子やら、
受験のことやら、おしゃべりも尽きません

午後の大人の部にむけての、癒しの子どもの部でした💕


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

ピアノ・ギターライブ💕


池袋のP’s Bar 。

福井賀子さんのライブへ。

 

賀子さんとは、石井彰さんとご一緒させていただくようになってから
お知り合いになりました。

(石井さんのピアノの生徒さんなのです。)

ライブハウスで時々お会いしたり、
お話したり、
自分の演奏を聞きにいらしてくださったり。


年間200以上のライブを聞きに行かれるという彼女。


ジャズ愛が半端なくて、
知識が豊かなだけではなく、
応援するプレイヤーへの愛情も深く、
ご一緒するたびに、
いろいろと教えていただくことばかり。



彼女は学校の音楽教師。
毎日学校で子供達に音楽の授業をし、
ブラスバンドの顧問もなさり、
多忙極まる中で、リスナーとしてライブ鑑賞に行き、しかも行かれたライブ全てのレポートを
ブログやFBで丁寧いアップしてくださる!!

そして、ご自身も小さな頃からピアノをずっと勉強し続け、
ベース(コントラバス)も長くやられてらっしゃる。


タフでスーパーな方!!

 

私が石井さんとご一緒させていただいたライブは全て
聞きにいらしてくださっていまして、
昨年春のお寺の即興ライブから、計5回も!
彼女はライブ活動はまだほどんとしていないそうなのですが、
昨年一度。
そして、
今回が2度目とのこと。

(レストランでの演奏等も時々なさっているのです💕)


いやはや〜〜〜初めて賀子さんのピアノを聞くことができて、
それはそれは感動感動でした。


素晴らしいギターリストの須古典明さんとのデュオ。

めくるめく美しい曲、
演奏が次から次へと


途中、鍵盤ハーモニカで「パリの空の下」を哀愁たっぷりに。
それもすごくよかった😭


そして、なんといっても賀子さんが作曲なさったオリジナル曲が複数。

それが、いずれもす〜〜〜っごく素敵で、 うひゃ〜〜!だったのです!


ほんとに驚きました‼️

賀子さん、かっこよすぎるではありませんか〜〜!

ぜひまたライブしていただきたい。



須古典明さんのギターも初めてでしたが、
彼女が大絶賛なさっているお方だけあり、本当に素晴らしかった。
アドリブの持って行き方が、たまらなくドラマチックで
お〜〜〜〜〜くるぞくるぞ〜〜!!
きたきた〜〜〜!!
それでいてとても淡々と、微笑みをふくんだ表情で演奏しつづける!


超間近で指の先の先まで見れるお席。
圧倒されておりました。

教室のOさんも聞きにいらしていました!

「途中、石井彰さんがチラチラと現れてましたよね」と帰り道。
音の繋げ方とか、使う音の組み合わせとか、空気感とか・・・
そういうところ、ちらりちらりと石井彰さんの音楽がみえたのです。

石井さんのピアノに惹かれ、
この人に習おう!
ととあるライブをきっかけに決めたそうです。

お教室は満席で、
2年近く待って、
やっとレッスンに通えるようになったという過去がおありの彼女。
石井さんの音楽をどんどん体に染み込ませているのでしょう。


このお店のマスターが9月いっぱいでお辞めになるとのこと。
彼へ感謝の気持ちを込めて・・・というライブだったのですが、
MCにも、マスターとの思い出のエピソードがたくさん散りばめられて、
聞いているだけで、じ〜〜んとしたのでした。


賀子さんの優しさと楽しさが超超満席の会場に溢れていました!

素敵な時間、本当にありがとうございました。



明日は教室の勉強会なのですが、
エネルギーをたくさんいただけて、
とっても晴れ晴れした気持ちになれたのでした!


実は教室の勉強会を三連休のどの日にしようか非常に迷っていたのですが、
15日は山野あずみちゃんがライブをなさることに😊


教室の生徒さんも複数行かれるという噂を
聞いていたので、避けようと。

16日は賀子さんのライブに絶対行こう!
と決めていたので避けたのでした。

大正解でした!

ほんとに行けてよかった!

 


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

ボール。

夜19時45分、20時30分、21時15分


の3コマ、一恵先生のレッスン。


一コマ目は長女が。2、3コマ目は長男と私での合奏をみていただくというレッスン。


長丁場になることは予想できていたのですが、 三女が、どうしても一緒に行きたいと1週間前からずっと話していて
かなりしつこい。


翌日日曜日だし・・・

まあ・・・・いいかな・・・



ついでも次女も行きたい・・・というので、
結局娘たち3人と長男と私の珍道中。

「静かにできないなら、今度から連れてこないからね〜〜」

うんぬんかんぬんで脅しておきましたら・・・・

笑えるくらい、おしとやかにしている三女。


いすの上で、ノート開いて、小さくなって絵を書いている。


が・・・


30分程すると、一恵先生がバランスボールをだしてきてくださり!!


はい・・・・

こうなると、もう三女は本性発揮!!笑。

次女と一緒に、
レッスン部屋のとなり(ガラス戸で仕切られているので見える)
のスペースで、ずっとボールを転がしたりしながら、
2時間近くあそんでいました、笑。


思いの外、シンプルな遊びを続けていたので、
レッスン中も危害を加えられることなく、
なんとか無事に終了〜〜〜。


いつもより早め23時すぎにおわりました。

眠くなるかな・・・・と思いきや
目はらんらん。
家についても、わりと元気!!


どういうことだ。


帰宅後
『またきてね!と一恵先生にいわれたから、またいくからね!』


だそうです〜〜〜。


一恵先生のレッスンをうけはじめる時期もそう遠くないのかもしれない・・・。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

上級🏆

沢井の上級の音源審査で合格なさったHさん!!


おめでとうございます🎉



5月の審査でしたので、
6月に結果が届きまして、
少し時間が経ちましたが、 改めて、写真を!!


こちらの登録証が私のところに届くので、
レッスンの時にお渡しするタイミングで記念写真💕


いつ届くかわからないので、
突然お渡しして、突然写真!笑。

Hさん


「きゃ〜〜〜写真だけは、ご勘弁を〜〜〜!!」と
なかば本気、なかば笑い・・・・で話していましたが、
パシャり!!笑。


素敵なお顔はちょっと隠しておりますが、
教室の皆様はどなたのことか、わかりますよね😍


千鳥、そして、砧・・・・


丁寧に録音して見事合格。


いずれの曲も通して弾けるようになってからは
随分たちますが、
録音となると、ミスはできないし、
間もさらに安定させないといけないし、
調弦、押し手、気をつけることはたくさん出てくるものです。


忍耐強く、2曲を長い時間丁寧につくりあげることができて、
本当によかった〜!!

しらずしらずにいろんな力がついてきて、
今度の勉強会で演奏する曲も、
いずれも・・・余裕・・・・なかんじでありますよ😊


三弦デビューも予定されております💕


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

くつろぎ猫。

最初のうちは、なかなかチャロ(妹)は懐いてこなくて

警戒心強め・・・

クロ(兄)の方が、甘え上手だったり、なにしても穏やかだったり・・・


というかんじでしたが、 このところ、むしろチャロの方が甘え上手になっていたみたいです。

 

夫氏がパソコンしていたり、
テレミビ見ていたりすると、
ひざやお腹(笑)に乗ってきて、
寝たりしています。


クッション性が良いのでしょう〜〜😎


わたしのところにもたまにやってきますが、 それはもう、たまらなくカワユイでございます💕



子供部屋のベッドの上に乗るのも最近ブーム。

たいてい長女のベッドの布団でくつろいでる。



こんな高いところもなんてことなく登ってしまって、
おりるのもいっきにジャンプ。

しかも、なんて優雅におりるのでしょ。

ドスンという音なんて全然しない。


猫の身体能力には改めて驚かされるのです。



長女のリュックから顔をだすクロ😃


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

くまさん

100円ショップで長女たちが買ったサンドイッチの型。

くまの形。



これすごくべんりで、つかいやすくて、かわいくできるのですが、
食パンのサイズには、かなり無駄が多く出てしまう。

もっと端っこで型抜きすれば、まだいいのだけど・・・😃



で、もれなく、夫氏の朝食になります、笑。


前に何かでみたけれど、
こんなかんじで型を抜き終わった食パンは
フライパンで焼きながら、
穴のとことで目玉焼きを作ってしまうと、いいかんじの
一品に。


やってみようかな〜〜。

どうしようかな〜〜〜。

なぜか迷う。


食べにくそうな予感がするのだ。


フォークとナイフ??


やってみたら、また記事アップします!!


半分に切って溶き卵にくぐらせて、焼くとクロックムッシュみたいになるかもよ!
とゆうこちゃんがナイスアィデイアをくれたので、それも今度やってみる!!



ちなみに、こちらには、
片方にはハムとチーズ。

片方にはイチゴジャム。


がはさんであります☕️


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

最近のコメント
アーカイブ