最優秀賞。

先日、兵庫で開催された利根英法記念邦楽コンクールで、
長男がお仲間二人(森梓紗さん・芸大3年生、長谷由香さん・芸大2年生)
とのアンサンブルで最優秀賞をいただきました。
(今回は無観客で開催されました)




このコンクールでは現役芸大生も複数、
芸大OBOGも複数名参加されていたようです。


切磋琢磨できる同世代の仲間に恵まれていることは本当に幸運。

森あずさちゃんや、今野玲央君とは、小さい頃からの
ライバルでもあり仲間。
二人は芸大へ進学し、本格的に演奏家を目指し、頑張っているし、
実績を確実に積み上げてきている!!

小学生の頃から、コンクールに出場し、いろいろな賞をとらせていただいていましたが、大学生になり何度かチャレンジしたコンクールでは無冠だったこともあり、かなり嬉しかったようです。


箏の道へ進むか、就職するのか。
周りのみなさまから、よく聞かれますが、
迷うことなく、就職を選んで活動中。
どんな環境でも音楽はやっていける。
私はそう思っています。
なぜなら、箏は、もう彼の一部になっているので。

箏はプロになるため、ということでもなく、上手になるためということでもなく、生活の一部なのだ。

それは、私も昔からそうだった。
大事な生活の中に欠かせないもの。

そういう道もありだろう。

普通の大学に入ったことで、
学生三曲では多くの先輩や、仲間、後輩
(大学に入って箏や尺八を始めたという人たちが殆どですが、彼らの情熱や、努力はものすごいのです!)
と驚くほど沢山のステージを踏ませていただき、
沢山の曲を弾かせていただている。

同世代の人たち、あんなに沢山の人たちと、こんなに多くの活動をできる場というのは、他にないと思う。

しがらみもなく、
不必要に拘束されることもなく、
ただただ皆でやりたいことを、
一生懸命できる環境。

箏ってこんなに自由な側面があるんだ!
自由にやっていいんだ!!

なかなか、普通はそうはいかなわけです。


皆にアドバイスをしたり、
練習の舵をとるという経験もさせていただいてる。

そういったことが、大事な影響を彼に及ぼしている。

テクニックや知識、音楽性だけでは得られないこと。

これからもそういう部分を大切に、
成長していってもらいたい。

昔一緒に箏を弾いていたお仲間から私に速報が届いたのにも驚きました!
お手伝に会場に行っていたのだそう!


他にも「お母さんの知り合いという方たちから、何人か声かけてもらったよ!」。と。
皆に見守ってもらっているのだ。本当に本当に感謝です。

賞金は3人でわけたようですが、
今後の活動に向けて、しっかり、まとまった額も皆で蓄えることにしたそうです!

解体!!

昨日、ついに業者さんがいらして本当にキッチンが解体されてしまった❗

築39年のマンション。


湯沸かし器が室内にあるので、それを外に移動する工事も〜。

教室の古いキッチンは料理では使わないのにやたら大きい。
生活の場として、住んでいた13年前はとても便利でしたが!

半分位の大きさの物と取り替える。

夫氏手作りのカウンターは処分。(カラーボックスをつなげて、板を上としたに貼っているだけですが、笑)

その代わりに空いた壁に棚をDIYで設置予定。
う〜〜む、見える収納になる予定ですが・・・
かっこよく決まるのか!!


スペースが広くなり、ライブや勉強会をするにしても大分ゆとりがでるはず・・笑。
(そう信じる!)
スペース確保のためには、工事だってしてしまうという
夫婦の大胆発想に自分でも呆れるが・・・。
これまでの人生の象徴みたいな感じ。
こうやって、いつもやってきたな〜〜〜。

このままじゃできない・・・と思えば、
できるように、なんだってやってみる。

できない・・・・で諦めず、いろいろやってきたことが
思い出されます。


さて、大きな部屋用の空気清浄機も届いた。

そして、昨夜のレッスン後。

夫氏は先月からいち早くテレワークになった生徒さんに、テレワークの様子を聞いている。
(つい距離を離してしゃべる二人、笑!大事なこと😊)

自分の小さな不動産会社でも、いよいよテレワークを試そうとしている。(私がそうしろ!!と脅している)

リフォーム

この時期にできることだ❗と言って夫氏が教室のリフォームに乗り出した。(この時期にすべきことなの?一応、レッスンもしてるんですが💦)

目的は、今後、教室で催しやライブを開催する際、
もう少しでもスペースを広く確保する為。


具体的にはキッチンをコンパクトにする。
手作りカウンターを無くす。
湯沸かし器を外に移す。
(ガスの配線のため、床を削るので)そのついでに床を張り替える。

明日、職人さんがいらしてキッチン解体。

本日は自分で小さな窓、
数カ所ににロールカーテン設置してました。

5分とかからず設置完了。
さすが慣れてる。

どう考えても収入は減っているこの時期、笑。
支出すごそうなんですけど。(聞かないでおく)

投資投資〜〜!!と超楽観的な人。
すごくはりきってる。


工事で教室が使えないときは影の部屋を使いますが、
そちらもなるべく楽器の距離を遠くすべく、今、ものをなくしたり、
空気清浄機を新しいものを買い、設置したりと、
少し大わらわ。



4月16日のプライベードライブは10名限定でのライブですが
(現時点で満席)
それも開催できるかどうかは様子次第でもありますが・・。

その際もカウンターがなくなることで、
かなりお互いの距離は遠くなる。

実際に椅子を並べ、どれくらいのゆとりになるのかを
しっかり確認。

その上で、換気しつつ、マスクを着用で、消毒はもちろん、
空気清浄機(25畳対応ようのものを注文しましたが、
それも在庫がほぼ無いらしい!)をしっかり使い、
心配が無いと自分が感じられるか、いらしてくださる方が
感じられるか・・・・
そして、実際に心配がないのか・・・

それはそのまま勉強会にも通じる。

生徒さんたちへは、
このままの状況が続く場合は中止。
事態が改善する場合は、規模を大幅に縮小し開催。とのご連絡をしましたが、開催できる場合でもとにかく最大限の注意を払い、
これならいける!!
と思えるまで徹底する。

今まで、教室の気軽な催しについては、
そこまで気にしたことはなかった。

椅子が何個並ぶだろう。
何人入れるだろう。
うちあげのテーブル、マックス40人までは座れる!

今回は全然違う。

最大10名。
もしくは5名。
まで数は制限しないといけないし、するべき。

そして、そこまでしてやる意味があるのか。
そんな少人数であれば、催しといえないだろうか。

でも、こんなときだからこそやる意義も無いわけではない。

自分の中での葛藤もありますが、
考えるほど、何か可能性が広がったり見つかったり、
している。

やると計画したことは
なるべくやる方向で最善を尽くす。
やれるだけの工夫、頭は使う。

でも、無謀と感じたら中止。
でも、ダラダラギリギリまでその判断を伸ばすのは良くない。

自分の中でリミットを決めました。
尺八の先生や生徒さんにもそれは伝えました。


それにしても、オンラインレッスンにしても、リフォームにしても
きっかけや、必要に迫られる・・・・
ということがないと、なかなかスタートできないことなので・・・


本当に今がその時なのだろう。
落ち着いた時に、ぱっと動ける環境や気力や体力を整えておくこと。
そういうことが大事なのかもしれない。


今は、自粛が大事なので、中止、延期・・・・という案内が毎日のように沢山流れている。それは、当然のこと。

さて、落ち着いたころ、どうなるのだろう。

延期していたものが、ど〜〜〜〜っと開催されるのだろうか。
その時、会場が抑えにくくなったり、
スケジュールが急に忙しくなってパンクしたり、
今と真逆の状況が音楽家に降ってくるかもしれない。
(それは嬉しいことでもあるけど)

今、休息モードに入りすぎると、反動が怖い。
何事バランスなのかなあ〜としみじみ。

ということで、
やはり、今できることはしておいたほうがいいのだろう。

家での練習もしかり、
楽器のメンテナンスもしかり、
目標をそれぞれがたてることもしかり。

収束した後に、案外人は試されるかもしれない。




今週末の教室のレッスンについて。

ご予約の皆様には一昨日配信いたしましたが、

以下のようにおすすめております。

さらに、追加をしまして、
最終的には、徒歩でいらっしゃることが可能な人以外は
お休みということにいたしました。

今週末の不要不急の外出自粛要請が出ています。
万が一に備える必要があると判断いたしました。

何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

教室では消毒、換気、マスク等、さらに強化して万全の体制でレッスンを続けておりますが、
明日から3日間のレッスンについては、中止にはしないのですが、
以下の皆様はお休みにしましょう

・東京都以外から通ってらっしゃる方。
・持病をお持ちの方。
・教室まで来る時、人混みを通る方。
・少しでも体調に不調がある方。
・心配でどうしようか迷っている方は迷わずお休みにしてください。

体調もすごく良く、教室までも近く、往復も心配ない・・・
という方は、お気をつけていらしていただけましたらと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

尚、週末以降のレッスンついても、随時、ご予約の皆様には個別にご連絡をいたします。

尚、オンラインでのレッスン環境を整えるべく、対応しております。

なるべく早くに実現できるようにいたしますので、
どうぞ外に出るのが不安な方は、当面はオンラインでのレッスンも可能となりそうですので、期待してくださいませ!

そちらも実現可能となりましたら、メールにて生徒さんにご案内いたします。

2020年3月28日(土)夕方

小林真由子

春のとある日常

一昨日のレッスンの帰り。

お花見は例年しないけど、駐車場でふと目にした夜桜に一瞬我を忘れる。

そして、いただいたかっこいいチョコレートに大興奮。

昨日から長男を除く5人の子どもたちが実家へ合宿へ。

車で送っていった夫氏がすごいもの手にして戻ってきた。

父は仕事柄、薬品を扱っていたこともあってか、家には子供の頃からエチルアルコールが常備してあり、汚れおとし、消毒等、何かと便利に使っていた。

消毒用アルコールが巷では品切れのため、もしやと思い、先日、父に聞いてみた。

「今も家にアルコールあったりするの?」


「あ〜〜〜少しはあると思う。見ておくよ」

ほんとにあった。しかもなんだかヤバそうな本格的な瓶、笑。
まだ封を切っていないもの!
一応、薄め方とかも伝授してもらった夫氏。
う〜〜む、ついにここまできたか。

父は、いざというとき威力を発揮する、笑。

何かと頼りになります😊

さて、ひっそりとした家の中。

この騒動の世の中。
なんとなく心落ち着く。

夜、お米を2合炊いてその少なさに驚く!!

朝も食パンが4枚位で足りてしまう!!

卵も全然減らない。

残っていた鳥の胸肉で唐揚げを作ったけど、
胸肉2枚使っても、全然残る!!


冷蔵庫はほぼ空っぽなのですが、
スーパー行く必要がほんとにないかんじ。

普段どれだけ食っているんだ〜〜〜!!

昼間のGRECO

昼間の大塚GRECO 石井彰ソロライブへ。


浄化されるとはまさにこのこと。

どこまでも叙情的で、ものすごくパワフル。

セカンドステージから伺いましたが、
MCを挟むことなく。連続で6,7曲を!

ファーストステージも、さらにパワフルだったとか!!



弾きながら、音を出しながら、曲は自由に展開しているはずなのに、
最初から決まっているかのような、計算されつくされているかのような
最初の一音からエンディングラストの一音までの流れ。

こんな音楽・・・・・って・・・・。

こういう人がいる・・・・ということを知らずにいたら、自分の音楽への
理解も、感覚もまるで違うものになっていただろう・・・・。



息を呑んでばかり。

賀子さんや、彰さんのお弟子さんたち、服飾デザイナーのTakerouさん、ニコニコのママとも久々にお会いでき💖

このご時世ということもあり
GRECOの2階席で、
ほんとに少人数(5,6名)、でのライブは、
さながらプライベートライブ!


気心知れた人たちと、
音に、そして、石井彰さんにぐ〜〜〜〜っと集中して聞くものすごく贅沢な時間。

そして、なんと夜のライブに出るという尺八の岩田卓也君が(知らなかった〜!)
下でリハーサル中ですよ〜〜〜とママが教えてくださり、
ちょこっと顔だしたり😊

音と人。あたたかいあたたかいアフタヌーンライブでした😍



賀子さんとは、4月16日に小林真由子教室で開催のプライベートライブ
でも、そして、その前にもお会いできる!

うれしいな〜〜😍

通過点。

昨夜の録音。

2時間で30テイク。4つ候補が録れた。
後は、録音を聞いてどれを提出するかを決める作業。
候補が多いと、どれにするか迷い、何度も聞くので大変でもある。

それにしても本当に皆さんよく頑張っている。

ミスしないで弾くことがこんなに大変なこととは・・等、
いろんな発見が多すぎて、どの方も驚いている様子。


「あくまでも通過点ですから〜😊」

と今日も気づくと言っていた。


完璧!大満足!という感触で無くて全然いい。
燃え尽きないためにも。

(そもそも完璧なんてない😊)

録音に向けて頑張った!緊張を乗り越えた!弾ききった!
初志貫徹した!十分ではないだろうか!

その後の取り組み方が変わってくる。
本当に。試験受けると。


来月も数名録音予定。



音をしっかり出すこと、きちんと弾くこと、たくさん練習すること。


そこから生まれてくる本当の楽しみを一人でも多くの人に味わってもらいたい。