Three Wisdoms  1st コンサートに向けて😊

✨Three Wisdoms✨12月13日の1st Concert まで7日‼️

お席ののこり少なくなってまいりました。
皆様、本当にありがとうございます。
迷ってらっしゃる方、ぜひともご検討ください!!
ご連絡こころよりお待ちいたしております!!
(こちらへ😊 koto@mayukoto.com)


2018年4月に大塚GRECOというライブハウスで
3人ではじめて一緒に演奏をした。

翌年、こんな展開が待っているなんて、夢にも思っていなかった。


全7回のライブの写真を新しい順にならべてみた😃
写真といっても、演奏終了後、あわてて撮ったものだけですが、笑。
(主に夫氏のスマホで、笑)
彰さんの髪型が都度変化している〜!


ライブではトータル35曲以上演奏してきた。
何度か演奏したものもあれば、まだ一回しか弾いていない曲もある。


自分の中で、あ〜やってしまった😭という曲、
そして、あ〜なかなか良かったかも😃という曲がまず思い浮かぶ。


不思議なもので、そのどちらももう一度演奏するのは怖い。

上手にとかそういうのではなく、

うまくいった曲については
こんなに自然と即興のメロディが浮かんだのはなんでなんだろう?
とか、次は浮かばないかも・・・・とか、
次は、こんなに相手の呼吸をかんじられるかどうかわからない・・・
とか・・・・



普段の演奏では、練習の成果でた?思い切り弾けた?音色?ミス?指スムーズに動いた?体力は?うたえた?息あった?のれた?集中?暗譜忘れない?
そういったことを自分は気にしているでしょうか。


彰さん、史朗さんとの演奏では、即興でも、スタンダードでも、箏曲でも、全然違うところでのドキドキ。
何がおきるのだろう。どうくるのだろう。どう反応できるだろう。
上手い下手とは違う部分での緊張。

何かを生み出す・・・・というワクワクとドキドキ。
緊張と不安。

生み出したいとイメージできてもテクニックがついてこなかったり、
テクニックはあるのに、イメージが浮かばないとか、
とにかく、いろんな方向からのモヤモヤの連続です。



私はジャズプレーヤーではないので、
セッションに行ったこともないし専門的な勉強もしていない。
こんな自己流ってありなの?というくらい見よう見まね。


なのに、こんなすごい方達と。
世の中のジャズプレーヤーが憧れる方達と。

少しでも失礼が無いように、少しでも音で会話できるように、資料を漁り
(この数年で一体何冊ジャズの本を買って読んでいるだろうか)
音源や映像をかたっぱしから聞き
なんどもそれに合わせて即興等ためしたり、
気に入ったフレーズを真似して楽譜におこして、自分で同じように弾いてみたり。

自分なりの怪しげな方法で箏によるアプローチを考え、試し、楽譜と格闘。
でも結局本番では、半分以上はこれまでの自分の音楽の力の感が頼りでしかない。

箏だから、箏らしい表現で、箏らしいチューニングで、即興もコードからはずれて全くのフリーで!というシチュエーションもありがたいけど
でもなんか違う。

感だけで弾くのではなくて、しっかりとジャズの基礎にしたがって
弾く・・・・というのが、この数年、私が一番力を入れ、時間をかけている
ている勉強で、その力もしっかりつけていく上で、そこからまた離れた演奏も
展開できたら・・・・と考えている。

ライブのたびに、何をどうしたら、もっと自由にできるのだろう。
悩み、苦しむ。

でも、そんな感覚も楽しくて仕方がない。
少しづつ成果が出ている気もするし、可能性がひろがっている気もする。


それは、お二人が懲りず一緒に演奏してくれるから。
ものすごい音楽を経験をテクニックを、つど感じさせてくれるから。
しかも・・・・プレッシャーというもは二人からは全く感じないのです。
それだけ大きな人たち。

それにどんなに不格好でもいいからしっかり反応したい!と心から思う。


自分なりに長年続けてきた箏を、音楽を、感をどういかせるのか。


12月13日(金)いよいよファーストコンサート✨


未来へむけてのPrelude

石井彰さん参加のCD!!

Three Wisdoms のピアニスト石井彰さんは、昨年まで20年にわたり、トランペッター日野皓正のバンドで演奏をしていました。
難病を抱えている石井さん、(昨年FBやブログで詳しくお知らせくださいました)
事情により、昨年バンドを退団なさったのですが、
最後に録音に参加なさったアルバムが12月18日にリリースされます!

「昨年春の録音。日野皓正バンドの最新作がとうとう日の目を見る‼️日野バンドを去る事になったが、自分にとって最後の証となりました。」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NEWS

世界的トランペッター日野皓正、待望の新作「Beyond the Mirage」。若手メンバーを存分にフィーチャーした世代を超えた音楽ファン必聴の一枚!アルバムよりタイトル曲「Beyond the Mirage」が本日より先行配信。

2019.12.04

release
日野皓正

世代を超えた音楽ファン必聴の一枚!
世界的トランペッター日野皓正の新作は世代を超えた精鋭メンバーを従え収録。ライブを重ね、オフェンシブかつセンシティブなメンバーとのよく練られたアンサンブル、そして若手メンバーを存分にフィーチャーしているところにも注目。また日野皓正の代表曲、CMでおなじみとなったStill Be Bopもリアレンジで新たに収録されているのも楽しみの一つであろう。ジャンルを超えた日野皓正ワールドを支える面々は現在の音楽シーンの多方面で大活躍中。ギターリストには渋さ知らズなどでも活躍中の加藤一平。ピアニストは日野とは20年以上の付き合いとなった石井彰。ベーシストは日野皓正の盟友、故 菊地雅章グル ープなどでも活躍していた杉本智和。ドラマーは日野との年齢差なんと50歳!平成ドラマーを代表する石若 駿。若い音楽ファンにもグサッと刺さるであろうパワフルかつフレッシュなサウンドをお楽しみに!

Three Wisdoms 初 Concert いよいよ✨by 石井彰

寒空の 渋谷に集いし 三つの智恵』

小林真由子(箏)定村史朗(vn)石井彰(p)この3人での初のホールコンサートをとり行います。

バンド名〜Three Wisdoms〜 三つの智恵という意味です。
僕の守護神は文殊菩薩、智恵の神です。
マニアックな話になりますが、仏教の釈迦三尊像、釈迦如来を中心に両脇に文殊菩薩と普賢菩薩というスタンダードな形があります。
慈悲の賢者普賢菩薩と共に三位一体で釈迦と共に世界を築いていこう。
こんなイメージでネーミングしました。

邦楽、ジャズ、即興演奏が渾然一体となった唯一無二の世界観を表現したいと思っています。今を生きる日本の音。是非体感して頂きたいです。年末の慌ただしい時期ですが皆様のお越しを心よりお待ちしております❣️

12 / 13 (金) 渋谷 Hall & Studio
“Three Wisdoms” ~Prelude~ The 1st Concert /
小林真由子(筝) 定村史朗(Vln)石井 彰(P)
 開場 18:30 開演 19:00 ¥ 3000  https://www.shibuyahall.com/
<<チケット予約は、メンバーそれぞれへご連絡ください。ライブ会場でも販売致します>>

夜中の教室

夜中の箏教室。

サンダル二個?

長男が次男に数学教えてる。

箏のコンクール終えたら毎晩24時から勉強付き合う約束してたらしい。


私も頑張ろう。


明日はインターンのようです。


こんなに就職活動を地道にやるとは・・・・。


意外だった長男。

転調デビュー✨

転調の印つけデビュー✨

なだけなのですが、ものすごく嬉しそう❣️

先輩たちが勉強会等でやられていて、
あれは、なんだ??なんなんだ??
すごい!!憧れてたんです〜!と😂


かわゆすぎます😍

ハワイから😍

ハワイから一時帰国中の方が久々に単発レッスンにいらっしゃいました。

タイミングよく、先日の岡村さん、小湊さんとのライブにも!!
とても楽しんでくださったご様子、嬉しいです😊

お稽古は比河流先生の曲。
今度人前で弾くことになっているとのことで。

音の出し方、ノリでこんなに変わるなんて〜〜〜!!と。
お役に立てるって嬉しいな😍

彼女、前回は確か水の変態のお稽古でした。
レパートリー広いっ!ハワイ行きたい😍


ところで、最初にお稽古にいらしたのがいつだったのか・・・

と思ったら、2009年とのこと!!

まだ自宅でレッスンをしていた時にも
いらしてくださっていたのですね〜〜!!

その間、螺鈿隊や長男と演奏した自分のところとの小学校の
「ほたるのゆうべ」

とか、岸本南山先生のところのミニ演奏会等、

ちょうどご帰国中のステージを聞きにいらしてくださるほどの
熱心な方!!


いろいろな流派、会で演奏を長く続けてきて、
今は沢井で演奏なさっています。


今度は春かな・・・・😊。


彼女からは教室10周年演奏会の時に、
お祝いのお花が届いていました!
受付に飾ってあった、もう一つのお花は彼女からの贈り物でした✨


遠くからもいつも応援していただき・・・・
本当にありがたいです😭。

中級合格✨

沢井箏曲院、11月の音源審査、中級に3名の生徒さんが合格。
それぞれに苦しみ、頑張り、録音に辿りついた。

8分位の曲をフル録音することは本当に大変なこと。
教室で何時間も何十テイクするも、一つか二つ、良いものが出るかどうか。締め切り2日前になっても録音うまくいかず、もう間に合わないかもという方も。春まで延期?こんなに頑張ったのに。録音ボタンを押す手が震える。

生徒さんたちは皆、お仕事、ご家庭、いろいろなものを背負っている。私のように箏だけ弾いているのと違う。
忙しい中、地道にレッスン、自主練、発表会等人前での演奏も頑張り何年もたち辿りついた重みのある資格。

私の教室は受験曲のみでなく、課題の曲はなるべく全てお稽古してから資格試験に挑むので年数は多めにかかる方かもしれない。急がば回れのスタンスを生徒さんたちにも押し付けていて申し訳ない気持ちもある😭
今回は3人、皆、違う曲を選んだ。違う難しさ、違ったアプローチ。

結果?点数?賞?もっと大事なことを、試験に挑む生徒さんたちから教えていただいています。
試験を受ける過程で恐ろしく力がついているのは明確。
一つの課題を経て、新たに前に進む瞬間の輝き、すごいです✨

また、半年ほどお預かりしていた生徒さん。春に地元に戻られたのですが、今回中級に合格したと担当の先生からご丁寧にご連絡が‼️小林先生に習い、刺激を受け、ますますやる気が出て、箏続ける気持ちになったそうです、と。すごく嬉しい😭。この数日、指導って?私の役割って?ちょっと悶々としていた。ものすごく救われたのでした😭