先輩の皆様・・・。

人生の大先輩の生徒さん。
数ヶ月前、「青い影」を箏用に簡単な楽譜にしてお渡しして、
昨日レッスンで完成!

直後にメールが。
こんなに楽しみにレッスンにいらしてくださっているのだなあ(:_;)。


「こんばんは。今日はお稽古、ありがとうございました。青い影が弾けて、まだ、未熟ですが、本当に本当に嬉しいです!私の前のお嬢様のパワフルな演奏をお聞きすると、私は体力もないので、もどかしく感じられるかもしれませんが、私の毎月の楽しみですので、宜しくお付き合い下さいませ。それにしましても、あの難しい、青い影を私などが弾けるように、お琴の譜にされるのには、とても、お手数がかかった事と存じます。変化のない日々ですが、今迄、お琴があっても、弾けなかったのが、私なりに弾けるようになり、ピアノの弾ける、大したことは出来ないですが、主人とも、合わせ?られたり、楽しみを作って下さり、感謝しております。これからも娘の世話も続きますが、片時でも、楽しいひとときを作って下さり、ありがとうございました。大好きな曲を弾けて、嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。」


そして、他のやはり人生の先輩の生徒さんから、なんと手編みのスヌード❗

手先がとっても器用で、手作りのお菓子や、小物を時々くださいます😍

手作りはほんと手触りが柔らかく、厚みが全然違う!
あったかい〜〜!!



そして、昨夜は、手を怪我なさって楽器はちょっと弾きにくいとのことでしたが、
わざわざお月謝を届けに、私の顔を見に・・と、
遠いところレッスンはキャンセルせずに、
教室までいらしてくださった方も!



こんなことも。レッスン中、ちょっと厳しいことを伝えてしまった私。
ああ・・・言い過ぎたかも・・・と思っていたら、
「先生、この歳になると、本音で話してくれる人、厳しいことを伝えてくれる人がいなくなるんです・・・。先生に言ってもらえることは本当に嬉しんです、私」

と・・・本当に泣きそうになりました。
いや、泣いてました。



人生の先輩方の気持ちのこもった、ひとつひとつの事柄に驚くとともに、
少しでもこういう方たちにのようになりたい・・・と本当に思うのです。



どこまでも謙虚で、努力家で・・・本当にあたたかい・・。

オンラインレッスン。

オンラインレッスン。

Zoomの機能は、この数ヶ月で、ちょっとづつ変化しているのかもしれないなあ〜〜。

なんて思いながら、今でも、10名くらいの生徒さんはオンラインなので、
都度、

「あ、声が聞き取りやすくなってる」とか

「あれ・・・使用がスコ〜〜〜しかわったかも」

とか感じながら使っています。


なかでも、打ち合わせというのが、オンラインでできるというのが
非常に手っ取り早くて、
最近、突然入ることになった収録のお仕事なども、
お会いして、打ち合わせする時間が無くても、
オンラインビデオで顔合わせをして、最終確認等ができる。

当日初対面・・・・というのよりは、随分と親近感が持てるし
大分安心感が違います。

オンライン関連は、確実に、コロナとは関係なく
必要な場面で上手に使えたらほんとに便利だな〜〜〜


なんて想います💖

さて、オンラインレッスンですが、
終了時間間近になると次の生徒さんが教室内にいらっしゃるので、
途中からマスクをしたりもします💖

古典講習会第二弾終了❗

古典曲講習会の第二弾、本日終了。

明日は第三段です。


連日お世話になります、岡村慎太郎先生。

オンライン視聴についても、前回の経験を活かし、
マイクを増やし、
質問コーナー等では、対面の生徒さんたちの声も画面の向こうへしっかり届くように・・・等。

着々と進化中❗


岡村先生の貴重なお話、技の数々に皆、目も耳も😍


明日もどうぞよろしくお願いいたします。

17弦・100周年!


先月末に貴重な演奏会に伺いました。

一恵先生ご出演の演奏会。

東京文化会館小ホール。

一恵先生、昨年末は骨折をなさったり、
コロナ禍では活動ができなかったりと、
久しぶりの大きなステージでらしたようです。



ここまで!これほどまでに心に響くとは・・・。



こんなに一音、一音にゾクゾクするとは・・・。


ずっとずっと一恵先生の演奏、音楽、音は私をひきつけてやまなかったけれど、
これほどまで。


自分自身にも時間とともに大きな変化があるからかもしれない。


一恵先生の本当のすごさ、すばらしさ。

まだまだ私には知らない部分がたくさんあるようだ。


この大きな演奏会のオープニングは、なんと、一恵先生と、やはり17弦の名手であられる菊地悌子先生のプレトーク❗

今年、17弦箏は、宮城道雄が作って100年という節目。

17弦を第一線で演奏なさってらしたお二人の貴重すぎるトークが
繰り広げられたのです。


17弦の魅力、17弦に対するこだわり、
お二人には共通点もあるし、もちろん違うお考えもおあり。


それぞれの価値観を十分に理解し、尊重しあいながらのトークは神々しくて、
ただただ感動するばかり。


こんな夢のような場面を拝見することができたなんて。


全神経を一音に集中させ、魂で演奏をなさる一恵先生。
先生のもとでずっと鍛えていただいていることのありがたみをしみじみと実感。


生きることと音楽をすることの間に境目は無いのかもしれない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


一曲めを飾った、「落ち葉の踊り」本当にすばらしかったです!
深海さとみ先生の気迫。正確さ。凛とした佇まい。
3人の見事なまでの阿吽の呼吸、緊張感。


そして、この演奏会では多くの演奏仲間が出演していました。

歌曲と和楽器というテーマで長年続いてきた演奏会。

随分前に私も一度演奏させていただきました。

新作を見事に演奏する皆さん。

あ〜〜〜こうして、一つのジャンルの展開を間近で聞けるというのはとても貴重。

いろいろな方向に邦楽器が翼を広げているんだなあと。



そして私には何ができるのかな。
何がしたいのかな。



思い巡らすのでした。

後ろ姿

夫氏と次男、三男と外に食事に。
後ろから見ると誰だかよくわからない。


多分、左端が夫、中央が三男、右端が次男?

三男も次男もサッカー部やサッカーサークルやサッカーバイトのおかげで
運動できる環境がありがたい。

長男はダンベル継続中。沢山食べるようにし、
ガリガリだったのが少し健康的になってきた、笑!


夫は自転車で7キロ痩せたので息子たちに少し近づいた、笑。


ところで、ある時期から息子たちは私を「まゆさん」と呼ぶように。
これは微妙な心境、笑。



さて、11月になり急激にスケジュールが忙しくなってきました。

体験レッスンも休止に入るかもしれません。


余裕のあるスケジュール管理に慣れてきたところだったので、
ペースを戻すのがうまくいくのかどうか。

ピアノとベース💖

松戸で素晴らしいライブがありました


夏の予定が延期となり、いよいよ実現。


プライベート的なライブ。


しつこく日程をお伺いしていたずうずうしい私。

石井彰さんの愛弟子でらっしゃる、中島麻裕様。

まゆ様こだわりの大好きな曲尽くし。


オリジナルも数曲!なんて素敵な曲を書くのでしょう〜!
中でも「青と白」という曲にとても惹き込まれました。
大切にあたためた美しい旋律に鳥肌がたくさんたちました。


ひとつひとつの音色、タッチに息が、思いが吹き込まれていて心の奥底まで響く。

まさに石井彰さん譲りなのだろうと思わずにはいられない。
(ご師匠は今頃・・・との話題も盛り上がり)



ラストはLadies in Mercedes❗
この曲は石井彰さんがメンバーである「Boys」のCDにも
入っていて(もちろん有名なスタンダード)、
疾走感があって、かっこいい曲なのですが、
まゆさんと金澤さんの演奏も、
まさに、躍動感たっぷり、おしゃれで、かっこよくて、
憧れるな〜〜〜!!

いつか私も弾いてみたい💖


なんと、アンコールはソロ!!!


このライブへ向けての意気込み、気迫がが伝わってきました。

そして終演後は、恐縮なことにお誘いを受けまして、
お食事にまで、のこのことついて行ってしまったのです〜〜〜。

そこで繰り広げられる金澤さんの超貴重なお話に
口をあんぐり。
&只々幸せ。

素晴らしい音楽家の言葉の隅々に重みがあって・・・・。


すっかり石井彰さん門下の皆様とのご縁が深まっていき・・・
私って大好きな人たちには実はどんどん
積極的に突き進むタイプなんだわ〜〜〜・・・


と新たな自分を発見、笑!!

お隣のお席だった、いづみさん(やはり石井彰さんの愛弟子)から手作り絶品パンをいただき、帰宅後は赤ワインとクリームチーズ🍷

今度、パン作りを教えていただくことになりました〜〜〜💖💖
嬉しすぎる〜〜〜💖


いづみさんも3月にライブを予定されていて、
そちらもお伺いする予定でおります〜〜〜✨✨

あたたかいあたたかい人達と本当にあたたかい一日!

竜潜月、君の去る夜の調べ

〜竜潜月、君の去る夜の調べ〜

今西紅雪(箏)岡野勇仁(pf)加藤ひろえ(花)

喫茶茶会記にて。










静かな秋の夜。しっとりと美しい音と花に包まれ魔法にかかったような時と空間。
やっとお伺いできた紅雪さんのライブ。
オリジナリティーにあふれ、情感たっぷりの美しい音楽は、とっても神秘的でした。



実はピアノと箏のデュオをこんなにたっぷりと聞き、
堪能したのは初めてかもれいない。素晴らしい〜〜💖






美しく寄り添いつつ、時々、似ている音色がどこまでも溶け合うように聞こえることもあれば、全然違う音色でエッジが効き、それぞれが立ち上がることもあれば。

非常にインスパイアされました。

そして、静かにも、アクロバティックに高いところに登っての花生けも展開なさっていたひろえさん。
まさに内なる力(心も身体も)を存分に活かしての花生け。








ひゃ〜〜〜✨

かっこよかったです。


喫茶茶会記は近々移転とのこと。
それまでに、ひろえさんは数回こちらでライブがあるそうです!