アルコール消毒😊

私はあいかわらず電車にも乗らないし、買い物等もほとんど行かないので、世の中の様子把握できていない(;_;)

分散登校ではじまった娘たちの学校はほぼ通常通りに。

三男のお弁当づくりも先週から再開。

大学生の息子たちは引き続きオンライン授業。


となると、子どもたちのことは、
一緒にいない間は目を行き届かせることもできないし、
心配してもきりがないので、どこかで気持ちの区切りをつけて、
普通に生活していくしかないのだな〜。

それはコロナに限らずですが😊

夫氏は、マスクにしても、アルコール消毒液にしても
自分の役目と思い込んでいるのか調達担当のように。


小さなスプレーボトルもゲットしたようで!
ちまちまと詰め替えていました❗
可愛いボトルで持ち運びも便利🌟
家族皆に配布されました。

夫氏はわりとまめだ。

アルコール消毒は、何度もすると手が荒れる方も多いと聞きます。


私、荒れる気配ない。逆に怖い。

ご案内動画😊(今更ですが、笑)

今回のライブは、人数制限ということも有りましたし、
積極的にご案内するのもどうしたものか・・・・と
いう気持ちがあって、
SNSでの簡単なご案内だけにとどめていました。



が・・・・

本番数日前のリハ当日。
石井彰さんが、
「撮影するよ〜〜〜😊そして、案内動画つくるよ〜〜〜」と、笑。

げ・・・・・

げ・・・げ・・げ・・・

聞いてないんですけど・・・・Σ(´∀`;)。


めちゃくちゃ普段着だし・・・
化粧も超雑だし・・・・。
(だって・・・・マスクだから)


やだな〜〜〜。
でも、しゃ〜〜ないか〜〜〜笑。

いやいや・・
非常にありがたく、たのしいのですが、笑。


で、リハ後、ちゃちゃっと撮影して、
その日のうちに、彰さんが編集してくださった動画です。
既にライブは終わっていますが、
よかったご覧ください💖

めっちゃ素朴トーク。

何話すか決めもしないで、とりあえず撮った・・・笑。

ということで、youtubeの
Three Wisdomsのチャンネルも作りました。

これから、動画等アップしていけたらと思っています。

ぜひ「いいね」やチャンネル登録をよろしくお願いいたします〜〜〜🌟





7月スタート❗

7月〜💖やっぱり夏が好きだ🍉



自粛期間だから、というオンラインレッスンは随分減り、
対面レッスンが主流に戻ってきた🌟

ですが、オンラインレッスンは、まさに新しい生活様式の1つとしてのスタンスを築いている。

いろいろな事情でオンラインレッスンで!という生徒さんたちが一定数いらっしゃる。
お天気も荒れ気味のこの時期。
オンラインか対面かを選べる安心感があるようで、前回は対面だったけど今回はオンラインという方も。


4月にドキドキぎこちなく始めたオンラインレッスンも、
今ではすっかりお互いに慣れ普通のことのよう。

高齢者施設にお住まいの生徒さん。
外出は控えるようにという指示がずっと続いているとのこと。

これ以上レッスンを休みたくないということで、
ついに施設のお部屋からオンラインレッスンに明日挑戦。

遠くにお引越し予定の方や、来年海外へ戻るという方も、オンラインで続けられるという安心感がやはり大きいご様子。
こんなことが起こるんだな。すごい変化。

先程。オンラインレッスンが終わる頃、対面の生徒さんご登場😊カメラ越しにご対面💖
けっこう感激の瞬間、笑。

オンラインレッスン用のPCを教室に常備したい。
(今は自分のノートパソコンを持ち歩いている)


作戦開始!( ̄ー ̄)ニヤリ

真美夜

先日のライブでは箏曲からは、
ピアノ、バイオリン、17弦箏で
沢井比河流作曲「真美夜」を初演奏。

アレンジや即興を入れて。


お客様から✨
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『真美夜』は真っ暗な夜に薄ピンクの桜の花が浮かび上がり、その様が恐ろしいほどに美しくゾクっとしました。そして最後のカッコいいこと!
添付の風景に近いもの(でも、もっと漆黒の夜に怪しく美しく浮かび上がる薄桃の桜)が浮かびました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

楽譜通り本来の編成で演奏していたときとは異なる世界が広がる。
3人で箏曲を演奏する意味というのは、
こういうところにきっとあるのだろう。


オリジナルを再現するのではなく
洋楽器とやるからちょっと目先が変わるというのでもなく

3人でやるから・・・3人の世界がひろがる。


そんな風に、どんな曲をやるにしても、
そこに重きを置いていきたい。


嬉しいレポート💖


今回のライブ。
お客様からの記事🌟

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日曜日、
今年2月ぶり、Three wisdoms。

ぐっと凝縮された時間、その「響きの大きさ」に圧倒されました。

定村さんのSeeds of second 、Elevation of love 、
そしてMy love and l。
筝で奏でるメロディはなんて深い響き。この曲、昨日も、先週も聴いたけれど、真由子さんの時間の流れは、何か西洋的なものとは違う気がする。間、というのかしら、、、初めて真由子さんの筝を聴いたときも、この空気にのみこまれたのでしたっけ。
そして力強く、ぐいぐい進む石井さんのオリジナルThree wisdoms 。

セカンドセットはまず真由子さんオリジナルのWinter prelude から。なんだか前に聴いた時よりスマートに、すっきりと削ぎ落とされたように感じます。
Summertime 〜l loves you Porgy は激しく自由に、そして甘い。

ラストは沢井比河流氏の「真美夜 」。プログレロックも感じさせる凄い曲。途中に出てきた筝独奏のさくら(アドリブ部分だそう!)の幽玄さにうっとりいたしました。

大幅に客席数を減らしたGrecoにはおなじみの皆様もいらしていて、お会いできて嬉しかったです。
次の演奏はいつでしょうか。秋まで待てない、といいつつ、あっという間に時が経っていくのだろうなあ。。

自粛明けの初ライブでした!

Three Wisdoms Live vol.10❗終了。
大塚GRECO。
定員一杯のお客様に囲まれて、あっという間の2時間。

4ヶ月ぶりのライブ。この数ヶ月の世の中の変化。
私も4〜5月は教室のレッスンはほぼオンライン。
オンラインや配信の可能性をさぐりつつ、
改めて生の有観客でのライブということの意味を探る。

もし昨日お客様がいらっしゃらなかったら、
どんな演奏になっていたのだろう。
お客様の集中と熱量がビシビシと伝わってきた。

ライブを迎えるときは、常に恐怖と不安と期待が入り混じっている。
緊張とも違う。
10回のライブを続けても、
その恐怖というかドキドキは全く収まることを知らない。
そして本番。いつも違う、本当に違う感覚を味わうのだ。

Seeds of a Second(定村作曲)
Elevation of Love
My Love and I
Three Wisdoms(石井作曲)
Winter Prelude(小林作曲)
Summer Time〜I Loves You Porgy
真美夜


新曲4曲にオリジナル3曲。箏曲は1曲のみ。


新曲に限って打合わせやリハは敢えてほぼゼロ。
私はJAZZ専門ではないので、このユニットでの新曲というのは人生で初だ。
そんなことが当たり前に感じるようになってきた。



今回初めて聞いてくださる方たちも!
毎回のようにリピートしてくださる方たちも!
深い感謝はとても言葉では伝えきれない。
遠いところ、大変なところ、楽しみにいらしてくださる。
それが自分にとって良い意味でのプレッシャーになっている。


4ヶ月ぶりの。

4ヶ月ぶりに一緒に音が出せた喜び❗


ピアノ、バイオリン、箏。Three Wisdoms🌟🌟


28日のライブに向けてのリハは、
今回も非常に濃く、非常に刺激にあふれるもの。


そして・・・・


終了後は・・・



え・・・・え?・・・・何かしてる・・・笑。