優先順位・・・・。

ここ最近の優先順位。

1  食事
2  園、学校行事、雑務
3  箏(頭で悩んでるだけ)
4  赤ちゃん
5  箏(とりあえず弾く)
6  子ども玲  
7  箏(とりあえず子どもに教える)練
8  パソコン
9  テレビ
10 掃除
11 洗濯 

結果こうなります。拏sentakumono.jpg

3日間たたまなかった結果・・・。
三男にとっては、山。上り下り自由。
長男、次男にとっては、タンス。お風呂のあと、下着やらパジャマやら
探しまくり。

いや?、それにしても、一気に片付けるとすっきりするので、
嫌いじゃない・・・・。

ライブで誕生日。

数日前、近所のライブハウスにて、
沢井箏曲院の先輩であり、先生である竹澤悦子さんと
尺八会の若手カリスマ的存在(いろんな意味で・・・・笑)の
岩田卓也氏のデュオライブがありました。CIMG1685.JPG

その様子は、螺鈿隊のブログでも更新しましたが、
こちらでは、その独特なライブハウスについてちょこっと。

初めて行ったときは、想像を超える狭さ(超えるって言うのか・・・・?)、演奏者とのあまりにも接近した距離感に、お?、なぜか観客の方が緊張するよ?練
席は10名も座るときつきつ。
立ち見ならもっといけますが。

そちらのライブハウスは今年22周年を迎えます。
毎日のように行われるライブは、洋楽器のジャズが中心。

そんな中で、竹澤先生は、毎月一回、邦楽器を携えて、
熱いライブを繰り広げています。

さて、ここの女主人の方はとっても魅力的な方です。
たった一人で22年間、ここを支えてきたそうで・・・・。

席に着いて、演奏が始まると、次々に女主人のお手製料理が
回ってきます!!それが、また旨い?!!
あっつあつ、スパイシー、ボリューミー
7,8種類はあったぞ?
お客さんが差し入れに持ってきたお菓子などもでたり☆
なんでもありってところがアットホームでこれまたいいのだ。

初めての客同士も、美味しい料理を囲むと、なんだか親しげ。
休憩時間には演奏者とコミュニケーションとったり、
情報交換したり。

ライブ終了後も、終電ギリギリまで皆一緒にそのまま打ち上げ
(客の方は、すでに出来上がっていますが

どう見ても、赤字覚悟の商売。
音楽と人間ををこよなく愛する女主人だからこそ。

今回は、誕生日間近だった螺鈿隊のあじゅと、梶と一緒に楽しんできました。


瑞星

一昨日のレッスンの際、
前の方が弾いていた曲に、注目しました。

聴いたことないけど?
すごいおもしろそう!!
すごい、細かい手だな?。
やりたいかも・・・。

聴くと
山本邦山さんの「瑞星」という曲。

意外!!こんな感じの曲もあったんだ?!!!
ってことは、尺八との合奏曲?

そうでした。箏独奏曲かなと思ったほどの内容だったので、
これまた意外

けっこう有名な曲らしいのに、知らなかった・・・・・。
おそるべしです。わたしの知識の無さ。
 
楽譜買おっと!!

家に帰ると、夫が尺八譜を持っていたので
(なぜか、楽譜だけはいろいろ取り揃えている彼。
 これまたおそるべし。)
吹いてもらったけど2行で挫折してました

こりゃ、夫婦で悪戦苦闘しそうです・・・。

(一緒には演奏することは無いと思うけど・・・。
 けんか廉になるから。)

親子レッスン

昨夜、長男は久々に箏のレッスン。
親子で一恵先生のもとへ。

kyoudairensyuu.jpg

やはり、今回もたっぷり一時間はご指導いただきました。

今は、宮城道雄作曲の小曲集という楽譜を弾いていますが、
じつは、歌もついていて、押し手等もじゃんじゃん出てくるので、
けっこう難しい・・・。
後半の曲は、私もあまりよくわからん・・・。
子供のころ、途中で投げ出した記憶が。

彼は遠足と勘違いしているんだろうか。

リュックに本や、お菓子、ノートやら、えんぴつやら詰め込んで
やけに楽しそうだ。

夜8時に家を出て、帰宅したのは夜中の1時ですが、
彼は生き生きしておりました。

今日は学校でプールの授業があったそうですが、
プールに入ったとたんに目が覚めたそうな・・・・・・。
(ってことは、1,2時間目は寝てたのか・・・。)

長男のレッスンの後は私。
汗だらだら(いろんな意味での)と、箏と格闘中は、彼の存在を
わすれていましたが、
突然「やった?、終わった?!!」と叫ぶ彼。
思わず、動揺して何弾いてるかわかんなくなりました。

読みかけの本が読み終わったそうです。
そりゃ?、良かった。おめでとうございます。

時間が遅くなってたので主人が迎えに。
「ほんと、お父さんにそっくりだね?!!よく言われるでしょ。
 うれしい?」

「うれしくない。やだ。」

「お母さんに似てるっていわれるほうがいいのかな?」

「お母さんの方が、まだまし・・・。」

って、おい、ましって・・・・どういうことよ。
(夫がやだって言われることについては、何の感傷もないが。)

写真は、兄が弟になにやら、アドバイス中。
教え方があまりにも私に似ていた。


母校箏曲部のOG会へ。

昨日は母校の箏曲部のOG会。
総会、親睦会の後、現役部員を中心にミニ演奏会jyousui.jpg

年一度の恒例のイベント。

この日ばかりは学生時代をじっくり思い出し、卒業してからの歳月を
振り返り、また、今後の自分のありかたみたいなものを探ろうとしたり。

後輩、そして、先輩方に囲まれると、こうして脈々と受け継がれている
箏曲部の伝統というものを実感します。
3年前に50周年を迎えたこの部は、現在のOG会長により創設されました。

寮生活をおくっていた私は、二年生になってから、練習場所を確保したいがために箏曲部に入部。弓道部にも所属していたので、本当に
軽い気持ちで、入部したのですが・・・。

まさか、卒業後もこうして、OG会の役員などをやって、長く交流する場になるとは。
さらに、箏曲部の活動がきっかけで今の夫と知り合ったわけですし。

わが母校は東京とはいえ緑が豊かな環境にあります。
西武国分寺線という電車で数駅。
駅から大学まで10分ほどの散歩道。心があらわれるよう。
daigaku.jpgennsou.jpg

居心地。

今日も、やってもうた。

遅刻

土曜日だけど、親子参観日だったので、通常通りの登園・・・
のつもりだったのですが・・・・

いつもより、10分早く登園しないといけなかったらしい。
はい、確かにお手紙頂いておりました。

親子で教室に入ったら、もう、皆席に着いて、これから始まる親子共同工作のスタンバイ。

かなり、目立った。
しかも、今日はお父さんたちも大勢いらしてたので、
いつにない、子供達や先生の緊張感漂う空気。

いそいそと椅子に座り、冷静を装って、その空気に馴染もうと
内心はあせるあせる。

ま、こんなことがちょこちょこの、わたくしめですが
悪いことばかりではありません。

三男、夜中の逆襲?

三男は今のところ、ものすごいママっ子だ。

嬉しいような気もするが、大体は困りものだ。

とにかく、父親の介入をことごとく拒む。

3歳になると、たいていのことは自分でできるけど、
出来るのに、やらなかったり、
出来そうなのに、できなかったり。

最近は、時々だけど、日中のストレスの表れなのか
夜中に、突然大声で泣く。
父親が様子を見に行くと、さらに大声で泣くので私が行くと
「おしっこ?!!」
「はいはい、どうぞ、いってらっしゃい。」

自分でできるのに、とりあえず泣くんだな。
もう、おもらしでも、なんでもいいから、朝まで寝てくれ。

数時間後、再び、
「おか?さ?ん、おか?さ?ん、」と泣き叫ぶ声。

今度はなにさ?・・・。

「おなか空いた?!!」

「まだ、4時だよ!!こんな時間におなか空くわけないでしょ?!!!早く寝ろ?!!」
とりあえず、厳し目に。
こんなこと言うと、余計泣くかな?と思ったけど、幸いすぐ寝た。
ラッキー!!

もう、おにぎりでも、パンでも、お菓子でもいいから枕元に置いて
寝てくれ。

そんな中、1人涼しげに熟睡する赤ちゃん。ここにも大物発見。
さらに、泣き叫ぶ弟を横目に、トイレに起きる長男。
私たちには知らんぷりだ。また大物発見。

それにしても、役に立たない大物ばかりだ。