‘箏’ カテゴリーのアーカイブ

URUMA

そして、同じ17日、教室の生徒さん3名が、文京区の三曲演奏会に出演なさいました😃!

曲は沢井忠夫の「URUMA」


なんども3人でそれぞれの御宅で合奏練習を重ね、
教室でも一度、合奏をみせていただき、
さらに、二週間前には、北区でのとあるイベンドで
予行練習もかねて、この曲そして、他にも数曲の合奏を
お披露目!!


一つのステージ演奏にむけての
準備の丁寧さや、前向きさがひしひし伝わってきました。


当日は、Kさん手作りのお揃いのイヤリング(ピアス?)で
衣装の統一感もばっちり💕
かっこいい〜!

沢井のリハのあと、聞きにかけつけたWさんとの記念写真を送ってくださいました!
教室の方が応援にいらしてくださったこと、とっても喜んでらっしゃいました。


(勝手に載せちゃってますが・・・・大丈夫かな・・・・💦)



演奏をしてみて、とっても楽しかったこと、勉強になったこと、
いろいろと感想をお伺いしました。

なにより、今後に向けて、また何かやってみたい!


という意欲がますますでてきたとのこと。



眩しい〜〜〜✨!!





教室以外の場所でも演奏する場をみつけ
実践している生徒さんたちも増えてきました。


多くの方に聞いていただける機会が増えることは
箏曲の魅力を伝えることにもちろん繋がるし、
ご本人たちの力はもちろん、アップするし、
どんどんトライしていただきたい!



もちろん、それには、大きな努力や大変さが伴うわけですが、
それも、笑顔で乗り切っている生徒さんたちからは、
多くを学んでおります💕


ピアニスト?💕


4月の大塚グレコ!

私、ピアノ弾きます!!!!(嘘、笑)


お店のHP見たら、こうなってたのですが、なんか嬉しいな〜‼️


ピアニストへの憧れは昔から・・・・とどまることを知りません。



しばらくこうしておきたいと思います、笑!

 


音源審査😃

昨年末、沢井箏曲院の音源審査(資格試験)に合格した生徒さんたちの修了証書授与😍
(な〜〜んて、レッスンの際、手渡しさせていただいただけですが💦

それぞれ、初級、中級に合格。
さらに、それぞれ「優位」という賞もいただきました😭

お二人とも、基本を大切に、
地道に、そして、熱意を持って取り組んでいたので、本当に嬉しい。
中学1年生の男の子も合格!
(風邪でおやすみしていてまだお渡しできていないけど😃

親子でとっても喜んでいました!


合格がどうとか、賞がどうとかではないけれど、
やはり、自分の演奏を録音して提出するということ自体、
そりゃ〜〜もう大変なことであり、
確実にぐっと力がついたな〜と感じます。

これからが、さらに楽しみであります。

う〜〜私も録音しないとな〜(何を?笑)。
生徒さんたちから刺激をいただく日々💕

それにしても、結局は、地道な練習の積み重ねが上達につながるのだな〜〜と
心底実感している今日この頃。

久々の発表会ということで、
私もレッスンにはいつも以上に力が入りますが、
生徒さん達も確実に真剣度が違います。

練習量が増えているのかどうかは、簡単には判断できませんが、
もし同じ練習量だとしても、集中力は確実に違っていると思います。

発表会をすることになり、生徒さん達にお伝えしてから、
5ヶ月がたちます。

実際に曲が決まってから、
練習をし始めたのは10月〜11月位からになりますので、
3、4ヶ月くらいになります。


最初の1、2くらいは、
まず譜読み段階なので、
リズムを確認したり、音を正しく追って行ったり・・・・

人によっては、譜読みがすぐ終わってしまって、
あと、4ヶ月、どういった取り組みがいいかな・・・

と、思うこともあれば、
譜読みそのものに、3ヶ月位かかる場合もあります。
(ここで言う譜読み・・・・というのにも、それぞれ個人差はあります。

なんとなく、正しいリズムを理解し、ゆっくり、最後まで指使いも確認する・・・・
(弾けるか弾けないかはまだこの段階ではあまり関係しない)
ということを譜読み終了・・・・
と言うこともあるし、
上のことにプラスして、ゆっくりだったら、最後までだいたい正しく弾ける・・・
くらいを譜読み終了・・・・・
と言うこともあるし、
さらにプラスして、だいたい理想の店舗で、だいたい弾ける・・・・
あとは、じっくり表現力をどうするか・・・・
ということを譜読み終了・・・・

とうこともある。
曲によっても違うし
私自身も、その時、その曲によっては、譜読みの概念は都度ちがいます。

なので、どれでもいいのです😃

 

で、肝心なのは、そのあと。

そのあと、どれくらいじっくり取り組めるか・・・

(時間だけではなく、集中力かなあと。もちろん時間があればあるほど、気持ちを落ち着けて取り組めるので、理想的なかんじもありますが、
時間がありすぎるのも、またなかなか緊張感があまり出てこなくて、
人によっては、あまり集中できな場合もある。
結局は最後の1ヶ月、一週間でが〜〜〜っと集中する場合もあるので、これも、それぞれ😃)



レッスンだけで終えてしまう曲の場合は、
そこがあまり徹底しないで終わってしまうことも多い。

でも、発表会にむけてとなると、
準備期間がもある程度あるということもあり、
細かい部分の充実にも力を徹底的に入れるようになってくる・・・・

そして、しばらくたつと、確実に基礎の力があっているのです。

 

それが何より嬉しい。

ただ、さら〜〜〜っと、曲を通すことは、
経験がある程度ある人であれば、
譜読みをきっちりと行い、ある程度の練習でなんとかかんとか形になったりする。


でもそうではない部分。


トレモロひとつとっても、
地道に取り組んでいるトレモロは音色も粒も、音量の変化も全然違う。

シャン・・・・ひとつとっても、
弾く場所、力の入れ具合、出したいイメージ・・・・
吟味するかどうかで、やはり印象は全然違う。

でも、それは、本当に地道な練習無くしては生まれてこない音。


ぱっとは上達が見えにくいことでもありますが、
それでも、そういった積み重ねが、


ぐっと一回り違った演奏につながる。

地味なとりくみ、地味な練習・・・・

そういったことに取り組める力・・・・

がそれぞれに付いてきている・・・・

それが一番嬉しいことであります。



さて、発表会がおわると5月には、また音源審査がありますが、
次回は、どなたか受けるかしら・・・・。

まだ決まっていません😃


あきのまゆこしろう Jazz Live vol.4‼️

少し先ですがライブのご案内です!

 【石井彰(pf)、定村史朗(vln)、小林真由子(箏)Jazz Live vol.4】

2019年4月19日(金)

Open 19:00
Start  20:00
(前半20時〜、 休憩20分 、後半21時20分〜)

会場:大塚GRECO

チケット:3,500円(前半、後半、お飲み物等、要各1オーダー)


最高に素晴らしいお二人と今年も一緒に音をつくれる。

最高に素晴らしい・・・・

だけだと表現は不十分すぎます。

長く、深く、幅広い音楽の経験があるお二人。

音そのものや、その音によりつくらる空気間そのものの充実を
どこまでも追求している。

そして、想像力をどこまでも
膨らませて、
一つのフレーズから(たった数小節の)、
どこまでも豊かな世界が生まれる。

石井さん、
「またディープに行きましょう!!」

とのこと。

ディープ!!

春・・・・ということで、
春にちなんだジャズスタンダードとか・・・もできたらいいな〜〜〜。

今回は金曜日の夜開催・・・・
実は初めてかもしれません😃

しばらく先ではございますが、
ご都合よろしければ、
ぜひぜひいらしていただけましたら嬉しいです!

ご予約の際は、小林までお知らせくださいませ💕

ところで
「あきのまゆこしろう」

前回のライブ直前に
(秋だったこともあり、彰の「あき」とも重ねて)
石井さんが、ライブのタイトルを即席でつけてくださいました!!

ひらがなでシンプルで、けっこういいかんじ〜〜!!

これが定番化してしまおうかな〜〜😍

今回は「秋」ではないけど、笑。

ぜひとも、どうぞよろしくお願いいたします。


 


発表会の下合わせにむけて。

発表会に向けて全35曲中25曲分の下合わせ日の調整中。

尺八の先生との曲(なんと14曲!)
や箏複数名での合奏曲の。


はて3月前半に全て上手くはまるのでしょうか〜〜💦


10曲はソロや私との二重奏なので下合わせの必要がなく非常に助かる😎‼️


次回は全員ソロにしようかな〜笑。
(参加者減りそうだけど💦。でも一度やってみたい!勉強のためにも!)


そして、カット部分を決めるのが、これまた悩み。


できるだけ曲はカットしたくない。
でも時間の関係上、カットせざるを得ない。


曲の流れを考えてカットすべきか!
苦手部分をカットして、ちょっとでも良い完成度を目指すか。




個人個人で方法は様々😃


では、レッスンに言ってきます😍


ご夫妻での合奏スタート!

発表会に向けて、
いよいよ合奏練習をスタートしたYさんご夫妻!!



前回の発表会では「三段の調べ」をお二人で合奏。


今回は、「光る海」を合奏!!

目の不自由なお二人、
習い始めた時から、とても熱心で
(奥様はご経験者)、
そして、何より、箏を音楽を楽しんでいる・・・という
印象がとっても強いお二人。


レッスンの曲も、毎回、暗譜がつきものなわけで、
どれほど大変だろう・・・・と思います。


今回も大合奏曲と、個人曲2曲、もちろん暗譜なわけですが、
特に、大合奏曲の暗譜は難しいと思います。

曲も短いし、手は、個人曲より、ずっと楽ではあるのですが、
お休みが多かったり、伴奏が多かったり!!


楽譜を見れれば、おそらく、もっと短い練習時間で済むでしょう・・・。
でも、暗譜となれば、そうはいかない。



でも、そうして、接する時間が自ずと長くなる分、
曲が弾ける、つながる・・・・というだけではなくて、
基礎の力がじわじわ上がっていくことも感じます。


今度の「光る海」の先にも、もっともっといろんな曲に
お二人でチャンレジしていくのだろうな〜〜💕


楽しみです!


カオス〜〜〜〜。

これから一恵先生のレッスンということで、
最後の悪あがきのような練習をしていたのですが、


後ろをむくと長男がやはり一恵先生レッスンの練習(しかも17弦)

前には夫氏(明日のハギー先生のレッスンの練習)


いくらんでも、カオスすぎる。


先月は自分のレッスン5コマ受けることができました!


3コマは代稽古の先生のレッスン。

やはり、これくらい受けると、
すごくお稽古つけていただいた感が強い!!


思えば、高校生の頃までは、月4回は必ず。
その後も、月3回は必ず。


このところ、月2回になってしまったり、

ライブとかで忙しくなっていまうと、
月1回になってしまったり。

でもそれだと、やっぱり、確実に自主練が(本番に向けての曲の自主練というのではなくて、
基礎の充実のための自主練・・・というもの)がゆるくなるかんじもある。


先月特に、古典を3回レッスンつけていただき、
いよいよ、本当の難しさを苦しいほど実感。


先が長すぎる・・・・。

50歳になるまでになんとかそれなりに・・・・と思っていただけど、


55歳・・いや・・・・60歳・・・まで延期しようか・・・。


それでも、それまでに、自分なりに、ちょっとは古典できる・・・・・
と実感できるくらいになれたら万々歳である。



は〜〜〜〜。

古典レッスンのあとは、いつもため息が漏れます。





それでも、めげずにお稽古つけてくださる先生。



感謝・・・・😭。



それにしても、ハヤトのレッスン・・・・・二人ともなんだか楽しそう!!


明日も?

沢井40周年の合同練習会や教室の発表会にむけて、課題も多いため、
やや曲の進みが間に合わなくなりそうになってきた生徒さんの昨日のレッスン。


週末しか時間とれない方なので、よかったら明日も来ますか?
「はい!!ぜひ!」と2日連続でレッスンに。


それはいいのだけど、
私なんだかパワハラ?と反省中。




発表会が近づくにつれて、
私自身もどんどん焦ってきてしまうのが毎回のこと。


そうなってしまう自分も嫌で、
ついつい勉強会・・・・・という形にしてしまう・・・・


というのも正直なところ。



でもそればかりではいけないんだなあ・・・・と。



今月は3回レッスンにいらっしゃる方も多く(特に独奏や尺八との合奏の方)
プラス、合奏練習もあるので、4回はいらっしゃる計算となる。


あ〜〜〜大変忙しい思いをさせてしまっている・・・・・😭。


タイムを測ったり(一曲の演奏時間を把握し、カットを確定するために)
リハ日を相談していると
いよいよ近づいてきた感があります。




そして思う。



やっぱり内輪での勉強会とは違うんだな〜〜。

自分自身のレッスンの仕方も全然違っていることに気づく。



しっかりと緊張感を持ったとりくみ方。



勉強会と発表会の上手なバランス・・・・



今後の教室のあり方に向けての大きな課題であります。


ハンドケア。

社会人になってからしばらく休んでいた青年。
最近箏復活!

女子力高い彼からハンドケアについて本日教えていただきました。

いろいろとカバンの中身を見せてくださいました!笑!!


わたくし反省中 。


発表会では今回は演奏はなさいませんが、
なんでもお手伝いします〜と張り切ってくれていて心強い。


「雑巾掛けでもゴミ拾いでもなんでも〜」とう〜〜む、雑巾がけはないと思うけども〜〜笑。




男手は・・・・・・箏のイベントには本当に必要なのです。



なんてったって・・・・楽器は大きい、重い。


そして、当日使用する楽器の面数・・・・・30面・・・・・で済むのか??



わからない・・・・


これから計算〜〜〜〜。


大河内さんとのデュオでございました。

海外のお客様(なんと20カ国からの)向けのパーティでの演奏でした。

大河内淳矢さんとのデュオ。

今回も大平光美さんからのお声かけでした💕





尺八とこういった場での演奏というのは、
意外に機会が多くなく、
曲選び等も、
てみさんにいろいろとアドバイスいただき大変助かりました😍

本番2日前に、5曲程、新しい曲のデータを送っていただき、
慌てて譜読みいたしました。
う〜〜〜〜む、この緊迫感・・・・
あせりましたが、尺八との合奏は楽しみでもあり、
頑張れたかんじであります。





さすがさすがの素晴らしい大河内さんにリードしていただきながら、
ドキドキしながらも楽しく演奏いたしました。


大河内さんとは学校公演、録音、教室の催し等でご一緒していますが、
二人で、というのは実は初めて!

春の海や壱越、千鳥、等の定番曲から
ムーンリバー、ビートルズ、日本の曲など10曲以上。


次々と雰囲気を変え、かっこよく奏でる尺八、
半ば私も観客の一人になってしまいそうな場面も😃
なんとも贅沢な時間でもありました。


今回は急に決まったお仕事ということもあり、
リハをする時間はなく、
全曲、当日の初合奏。


控え室で、ちょこっと、楽譜を確認し。


でも、春の海も、壱越も・・・
なんとも演奏しやすかった。

今度は公の場で、また一緒に演奏したいですね〜〜と😊


そういえば、初めてご一緒したとき、
「おおこうじさん、おおこうじさん」
と呼んでしまっていたようで、それを市川慎君が気づいて、
「ちなみに、おおこうち・・だよ・・いちおう言っとくけども〜〜」
と爆笑され激しくつっこまれました。


そう違いはないけどな〜〜〜とわたしは思ったのだけど、(笑)、
慎くんが、やけに、こだわっていたのが・・・逆に謎でした・・・笑。



会場はとても近かったこともあり、
自宅で着替えて、振袖で運転しました。
足元だけ履き替えましたが〜〜。
(珍しく夫氏が暇じゃなかった!笑)

今年になって、2回もの振袖を着るとは〜〜〜💦。




貴重な機会、
今回も本当にありがとうございました!




  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ