‘夫氏による記事’ カテゴリーのアーカイブ

息子のレッスン風景

深夜に目覚めた夫氏です。
自分に”氏”をつけるのはおかしな表現ですが、当ブログではこれで通っているようですのでお許しください。

さて、数日前、お二人の息子さんが箏を習ってらっしゃる方からコメントを頂きました。
お仲間が増えてうれしいです。ピアノを弾く男子は沢山いますが、箏は珍しいですから。
この方から「ぜひぜひ、息子さん達の練習風景、小物などを見せてください。」とリクエストがありましたので、息子のレッスン風景をご紹介します。

息子が通う沢井一恵先生のレッスン。
スタジオEs(エス)でマンツーマンのご指導を受けているところ。
沢井一恵先生のレッスン
非常に素敵な空間
演奏している動画はこちら。iphoneで撮影したので画質は良くありません。

一恵先生に見ていただくのは、月に2回程度で、基本は自宅練習です。
母親に教わり、自分で練習。
母親に教わる場面をご紹介したいのですが、許可が出ないと思います。
私だったら怖くて泣いてしまうところですが、息子は淡々と教わっております。

ところで、こんな時間に目覚めたのは、夕食後3時間ほど居眠りしたせい(おかげ)。
日中は久々に息子達のサッカー試合応援。次男2試合(1勝1敗)、長男1試合(引き分け)。
箏教室のレッスンの合間を見ながら三男や、時には次女も引き連れ、出入りの多い一日。
外は寒く風もあり、なんとなく体力を消耗してしまい、家の仕事を手伝わぬまま居眠り。
7人分の洗濯物をたたんだ子供達の足元にも及ばない家庭内貢献度にガックリ。
明日(今日?)は頑張ります。


120分で32曲歌ったカラオケ記録

昨年末、息子3人を連れてカラオケ館に行った。
会員カードを紛失していたので再発行を願い出ると、

「お子様の名前でお作りすると半額で出来ます!」

と、うれしい提案にのっかり、小学校5年生の息子のカードが出来上がった。
黒い背景に浮き上がる白い文字。小学生が持つ雰囲気のカードではないぞ。

案内されたのは4人で利用するには大きすぎる部屋
カラオケ31曲熱唱

120分で32曲だ。
歌いに歌った。1曲平均3分45秒。
つまらないと判断された曲は息子たちに容赦なく強制終了される。
早速、曲目を紹介しよう。
年代と好みがわかるというものだ。

ひまわり
燃えろヒーロー
キセキ
ブルーバード
アゲハ蝶
壊れかけのラジオ
世界でいちばん暑い夏
大きな玉ねぎの下で
ロマンスの神様
Bad
スリラー

メロディ
千の風になって
Runner
旅立ち
夏の終わりのハーモニー
チャレンジャー
Flavor of life
シクラメンのかほり
卒業(尾崎豊)
ドラえもんの歌
Ok!
摩訶不思議アドベンチャー
少年時代
Glory day
僕の先生はフィーバー
好きさ
勇気100パーセント
Sakura
君をのせて
カントリーロード

曲リストを見ると、世代間のバトルが感じられる。
それにしても大いに盛り上がって楽しかったなぁ。
夫氏


佐渡 裕×沢井一恵×坂本龍一

深夜の夫氏です。
これを伝えることなく眠りにつくことは出来ません。

  1. ”教授”こと坂本龍一が沢井一恵先生の為に書き下ろす「箏とオーケストラの協奏曲」を、題名のない音楽会等でおなじみの「佐渡裕」が指揮する。
  2. 2010年4月9日(金)~11日(日)の3日間は、兵庫県立芸術文化センターにて
  3. 2010年4月13日(火)の1日だけ、東京オペラシティにて披露されます。
  4. 東京のチケット一般販売は12月18日からです。早く購入しないとなくなっちゃうよ、きっと。詳しくはオペラシティのページでご確認を!
この三者、なんと贅沢な・・・。

先日、一恵先生からお借りした坂本龍一の自伝「音楽は自由にする」を一気に通読。
面白いですよ、この方は。気に入ったのは、幼少期から高校までのくだり。
どんな曲が出来上がるのでしょう。本当にワクワクしますね。

ところで、今日は長男が一恵先生のレッスンを受けるので付き添いしました。
長男の前にレッスンを受けていらしたのは、女房の箏仲間ぴっくんのお師匠、よしこ先生。
一恵先生とよしこ先生は、邦楽・箏曲に関して大変深いお話をされていました。
もっとお聞きしたかったです。

長男は今日から沢井忠夫先生作曲の「鳥のように」に挑戦。
素晴らしい曲。息子のつたない演奏でも情景が目に浮かびます(oyabaka!)
一恵先生にみていただく息子は本当に恵まれているなぁと感謝。
数年前は一緒に小曲集の進み具合を競い合っていた我が息子の成長振りに目頭が熱くなるぞ(oyabaka!)
翻ってわが身に進歩はあったのか?と考えると全身が冷え冷えとしますが・・・。

一恵先生と息子からパワーをもらって良い気分で眠りにつきます。


小学校の展覧会

長男・次男がお世話になっている区立小学校。
年に一度の文化的な大行事が、1年毎に変わります。
音楽会→学芸会→展覧会。今年は展覧会の年でした。

遅まきながら、夫氏です。カテゴリーに「夫氏による記事」を設けました。
今後とも宜しくお願いします。

自分が子供の頃は運動会以外の行事は全く関心がなかったものの
親になってみると、子供たちの様子がわかるものは何でも面白く感じる。

展覧会に行くのは初めてだ。過去にもチャンスがあったはずだが気乗りしなかったのか。
次男コントロール中体育館の中がミュージアムになっているというので、体育館に向かうと・・・。
体育館下のピロティ(空間)で次男を発見。
手作りの巨大パチンコ台のゲームに興じる子供たちに大声で指図している。
偉そうに・・・と思うが、内容自身は実に的確である。
「途中から転がすな、順番を守れ、お前はもう3回もやっているのだから、下級生にやらせろ。」
←青シャツが次男

次男に軽く声を掛け、いよいよ体育館に向かう。

体育館に足を踏み入れると、そこはまさにミュージアム。
やあ、これだけの展示をよく飾ったものだ。感心感心。
体育館が美術館に 六年生の作品

右上は六年生の油絵。絵の下には自作の詩が書いてある。もう立派なアーティスト。
さて、長男の作品は4点。随分と多いな。
長男「火の鳥」 長男水墨画
長男「巾着リュック」 長男「秘密の場所」
左上「火の鳥」 右上「水墨画:きれいな海」 左下「手作りリュック」 右下「ひみつの場所」
うーむ、魚食べたかったのかな?豚肉料理多かったからな・・。
我が家は毎日騒々しいから、ホッと出来る自分だけの秘密の場所が欲しかったのか。

次に、次男の作品2点。
次男「海の中のラッパ」 次男「カラフルタウン」
左上「海の中のラッパ」 右上「カラフルタウン」
海の中のラッパ?何故? 水の中ならラッパも鳴らない。我が家がうるさいことへの反動か。

三男の作品1点。友達に加え六年生と一緒に作った2畳大の力作。
三男と友達の作品

同じ時間帯に幼稚園では親子工作が行われていました。
三男と一緒に飛行機をつくっているところ。
飛行機を作る三男
写真はiphoneで撮りました。結構きれいに写るものです。


琴練習に励む長男の後姿

夫氏です。
大変ご無沙汰しております。
元気に過ごしております。ご安心ください。
家事は意外と大変です。要領よくやらないと時間だけがどんどん過ぎます。

食事をつくり、ゴミを出し、掃除機かけて、風呂・トイレをきれいにして、洗濯機を3回まわす。
トイレットペーパーを補充し、食器を洗い、窓を開けて閉める。
子供に「手洗い・うがいをせよ、学校のプリントを出せ、宿題をやれ、おもちゃを片付けよ、洗濯物をたため」と命じる。
おやつを母に内緒で食べようぜ、iphoneでゲームしようぜ、とそそのかす。
夕飯のメニューに悩み、西友に買い物に行き、オムツもついでに購入し、ごはんを炊く。
お風呂の準備を次男に、布団を敷くのを長男に命じる。
子供4人を風呂に入れ(責任者:長男)、赤ちゃんをベビーバスで洗う。自分が風呂に入る。
kakaku.comでパソコン・デジカメ情報を把握。スカパーで映画を見る。
本を読む。そろそろ眠くなる。甘いものが欲しい、でも買い忘れた。外は雨だ。セブンイレブンを断念。何気なく冷凍庫を開ける。奇跡的にアイスクリームを発見。幸せなだな、とほくそ笑む。

本題です。
最近、琴の記事が少ないのですが、我が家では琴の音色が止むことがありません。
長男が練習しているのです。今日は特に気合が入っていました。
明日、長男は沢井一恵先生のレッスンを受けるので格好いいところを見せないと。
長男の琴練習

沢井忠夫先生の「陽炎(かげろう)」を弾く長男。
いつもは琴教室で使用する部屋を一人で占領しています。


モード系お弁当

苦しみのお弁当作りも3日目を迎えた夫氏です。
今日のテーマは「モード系」、単なる三色弁当です。すごく楽ちんでした。
モード系弁当
緑パートはホウレン草ではないような気がしましたが、冷蔵庫にある緑がこれだけだったのでまあいいでしょう。

息子の感想 「ボロボロして食べにくかった。」 うーむ、残念。

3年ぶりにお目見えしたベビーバス。
もうじき3歳になる娘が中で遊んでいるうちに眠ってしまいました。
ベビーバスと長女
足元にある卓球のラケット。なぜここに?


本日のお弁当

20091026bentou主不在の我が家も二日目を終えようとしています。
再び夫氏です。
昨日の記事に沢山の心温まるコメントをいただき、感謝申し上げます。
また、多くのメールをいただきまして本当にありがとうございます。
家内もこのブログを携帯でチェックしており、とても喜んでおりました。

さて、懸案事項となっている三男(幼稚園年長)のお弁当。
今朝、適当に作ってみました。作業効率が悪く30分もかかったことが残念です。

例えば、キュウリを切っている間に、ウインナーを焼けば二つの作業を同時進行できるので非常に効率的です。

しかしながら、今の私といえば、キュウリを切ってからでないとウインナーに取り掛かる余裕がありません。
キュウリを切ることに集中したいのです。
ウインナーに関しては、フライパンを十分に熱した後に(セブンイレブンブランドの)キャノーラ油を適量入れて、全体にうっすらと広がるのを確認しないと、他の作業を行えません。

予想外に難しかったのは出し巻き卵。
作り方を知らず、完成した形から想像して「こうすれば、こうなるだろう」程度の知識で作成。
卵を厚くすれば、巻いた感が乏しく、かといって薄くすると巻くときに破れてしまう。
実に微妙な感覚とセンスが要求されるようです。

こんな弁当でも三男はひとつ残らず食べてくれました。
「意外とおいしかった。」
おー、息子よ、”意外と”は余計だが、父は心底うれしいぞ。
明日は冷凍食品を利用して少し楽させてもらうかな。


赤ちゃん誕生しました

日頃より家内がお世話になっております。baby
ブログで時々登場する夫氏と申します。

お蔭様で昨夜赤ちゃんが無事産まれてきました。
5番目は元気な女の子。
体重3086グラム
身長50.5cm

ブログで報告するよう家内より命じられましたので、こうして記事を書いております。

明日から家事を行いますが、三男の弁当作りが最大の懸案事項です。
朝食と夕食は何とかなりそうな気がします。
家内が栗原はるみの本を置いていきましたが、とても作る気になれません。

朝はシリアル、パンでしのぎ、夜はカレーで引き伸ばし作戦を思いついたのですが、
長男・次男に反対されました。
「ラクしたいだけでしょ。」と。

当番制にしよう!と提案したところ、
長男は「ケーキ」、次男は「牛角の焼肉」、三男は「セブンイレブンのおでん」と
勝手な事を言い出すので、やはりここは父親の威厳回復を目指して頑張って作ります。




  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

最近のコメント
アーカイブ