レッスン日誌。

毎日のようにレッスンしていますが、
レッスン日誌・・というものは、ブログにはたまにしか書いていないな〜〜〜。

自分のファイルには、毎度のレッスン、
どの方が、何の曲をやり、どんなこと課題としたか・・・
等メモメモしています。

これは、自分にとって、おそらく教室の中で一番大事な歴史であります。

どんどん溜まっていき、
ファイルに挟まりきれなくなった分は、
もっと厚いファイルにストックして、
自宅に保管しています。

辞めたかたの分も全てとってありますので、
数年ぶりに復活・・・・
と言う方の過去の様子もちゃんとわかります😊

たまに、新しい曲に入る時、
これまで、その方がどんな曲をレッスンしたかな・・・
と前の方のページを見ると、
思いの外、いろんな曲を弾いてきたことに驚いたり。

あ〜〜〜最初は、押し手の形が悪かったんだな・・・・とか、
この曲の時、初めて、勉強会に出たんだな〜〜〜とか・・・・

蘇る蘇る!!

でも・・・・たった5年位で、こんなに難しい曲を弾けるようになってるんだ〜〜!!
という驚きも多く、
その間私はどれほど成長したかな・・・・笑・・・・なんて比べたり。

さて、今日は、夜は自分のお稽古があるので、
18時まで・・・・でレッスンは終了しましたが、
いろいろな貴重なお稽古でした。

「少年時代」を弾けるように(少し前に記事にしたかな)と通ってらっしゃる60代の生徒さん。
(もちろん、他の曲も時々やっていますし、ご経験者なので、過去にも他の曲も弾いています)
目的は、どなたか大切な方に、自分のその曲の演奏を聞いていただくため・・・・
でした。

「あ〜〜〜全然うまくひけないので、まだまだ先になってしまうと思います〜〜」

なんて前回話されていましたが、
いやいや、これくらい弾けていれば、大丈夫ですよ〜〜なんて話をしたり。

上手に弾けるようになってから・・・とか考えすぎてしまうと、
案外、そう自分で思える日はなかなかやってこないということ。

目的があるから、それにむけて、取り組む・・・・

できるようになったらやる・・・

ではなくて、やるためにできるようになる・・・・

なんだろうな・・・・と最近、自分自身の演奏を省みて思います。
なので、今年はいろいろ挑戦しようとも思っているところなのですが😊

そうしたら、本日のレッスンで、

「先生、少年時代は今日で卒業します〜!!」と元気にいらした!!

あれ・・・・もしかしたら、あきらめてしまったのかな?とふと不安に。

いやいや、全然そうではありませんでした。

「先週、アイリッシュハープの演奏家の方(ご友人)がいらしてくださったので、
一緒に合奏して、録音したんです!!これ聞いてください〜!!」と

録音を聞かせてくださった。

もちろん、途中、ちょっとたどたどしいところもありましたが、
実に気持ちのこもった優しく素敵な演奏ではありませんか!!

「実は、さとうきび畑もついでに録音したんです〜〜〜!!」と。

アイリッシュハープの美しい音色に、Aさんの優しいメロデイ〜。

癒されました、😹。

ということで、今日からは別の曲に入ったわけです。

大切な方には、この録音を聞かせてあげることに決めたそうです。

有言実行・・・・なさった様子を目の当たりにして、

他の方からしたら、そんなに、大きなことではないかもしれないですが、
彼女にとり、どれほどの勇気がいったことかと。
そして、こんなに熱い気持ちだったのか・・・・と。

35年以上、お嬢様の介護をなさりつつ、自分のことは全て後回しだったAさん。
箏への向き合い方・・・・こんな道のりもあるのだ。

そんな場面をご一緒できることの幸せ。
箏を指導していて本当によかったな・・・・と思える瞬間です。

つづく。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

コメントをどうぞ



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ