すべての下合わせ日程が決定〜〜🎉

お〜〜〜〜今度は10曲分の箏のみの合奏のリハーサル日がなんとか決まった〜。

尺八とのリハとあわせると、40名の生徒さん達の日程調整・・・・

予想よりスムーズに決まり、生徒さんたち、そして、小湊先生に感謝です。

箏という楽器は、
発表会というものが、
おそらく他のソロの楽器に比べると、
大掛かりになるかもしれません。

大掛かりというのは、
練習が大変とか、そういうことではなくて、

たとえば、楽器のこと、合奏のこと、リハーサルのこと・・・・

とても羨ましいなあと思うのはなんといっても、ピアノの発表会。

あまりうかがったことはないですが、

一台のピアノを、みなさまで順番に弾いて行くというのが、一般的なのでしょうか・・・・。

また、バイオリンも、おそらく基本はご自分の楽器を使い、

それぞれにチューニングをして、
ステージでは、次々に、出番がやってくる・・・・

ということかと想像します。

ですが、箏・・・・

これは、本当に厄介!!笑。

まず、曲によりチューニングが違うので、
同じ楽器をずっと置いておいて、それをそのまま次の方が使うことができない。

つまり、曲ごとに全ての楽器を入れ替える。

入れ替える作業そのものも、大掛かり。

もとものを撤収して、そこに、楽器を載せるだけっといえば、それだけなのですが、
グラグラしないか、毎回確認し、調整し、
人により異なる椅子の高さを調整。

それだけなら、まだ良いのですが、

曲により人数が違うわけです。

一人もあれば、二人もあれば、3人も、4人も、5人も・・・・15人も・・・

となると、都度、台や椅子、譜面台の数も取り替えないといけない。

そして、楽器にいたっては、

別の部屋で、次から次へまわってくる曲に向けて、調弦をとりつづけなければいけない。

当教室の発表会では、教室の楽器を多数出すので、
個人の楽器を持ってくる方は少数。

一面の箏につき複数曲で使い回すことになるので、
間違えが無いように、整えるというのは、非常に、頭も体も駆使します。

今回は調弦に強力な助っ人、市川慎先生、と山野安珠美先生がいらしてくださることになったので、
なんとも心強い限り!!

それでも、37曲分の調弦というのは、もう、過酷すぎると思います・・・・

いや〜〜〜〜すごい大変すぎることをお願いしてしまった・・・・。

そして、今回は、強力な楽器屋さんもお願いしております!

3人でいらしてくださるとのこと・・・・😭。

ステージ上での、セッティング等は、
お任せできるので、こちらも心強い・・・・😭

さて、あとは、動線をしっかり考えたり、
曲順を考えたり、
楽器の使い回しを考えたり・・・・

という作業に入ります。

当日の生徒さんたちのお手伝い分担もこれから・・・。

やはり、いつも仕事遅いな〜〜〜私・・・・。

そうそう、調弦表もね!!

そうそう、セッティング表もね・・・・!!

あ〜〜〜時間もまだ測ってない曲もある〜〜〜!!

・・・・

て・・・何もできてないではないか〜〜〜!!

ウケる・・・・・・笑。

(しかない・・・・・💦)

 


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

コメントをどうぞ



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ