中野区の施設にてお正月ミニコンサートでした😊

新年2日は、中野区の有料高齢者施設でのお正月ミニコンサートでした😊

今回初めてお伺いした施設。 とにかくお客様多い!
施設のほぼ全員の方がいらしてくださったそうで💕


「六段のしらべ」。
ハミングで歌う方が多くて驚きました。
「昔は習い事というと、お箏だったのよね〜。ピアノは珍しかったのよ」というお話も。
70〜80年前のお話だと思います。


後半の一緒に歌うコーナーでは男性の声がとにかく大きく超本格的‼️



「お兄ちゃん、袴がすごくお似合いで、素敵でした〜〜!」
と満面の笑みのおばあちゃまたちも。

またしても元気をいただいたのでした😭




さて、夫氏、年に唯一の尺八ステージですが確実にいろんな意味で場慣れしつつある、笑。
今回はじめて「春の海」で、ピッチのひどさがあまり(あまりというのがポイント!笑)
気にならなかった。
そして、音がまあまあとぎれていなかった。
「気をつければ、音は途切れないんだけどね〜〜」って。

なら、なんで今まで気をつけないんだ・・・・。

 

「道化師」という三重奏では、
夫氏、カットちゃんと覚えてないなという場面が。


夫氏から音をだしはじめるバラードのところで、でてこない!

無視して、息子と二人で弾いていたら、
4小節後になにくわぬ様子で入ってきた。


そして、最後のエンディング。また入ってこない!


どんどん盛り上がらないといけない部分なのに、
このまま二人で終わるのか?


と思ってたら6小節後(実に不思議なタイミング!)に入ってきた。


そして、最後の音を気持ちよさそうに吹いていました💧

演奏後、ちょっとは反省するかと思いきや、
「いや〜〜〜おれも、臨機応変に対応できるようになってきたな〜ははは!!」だそう。

長男は長男で楽譜一冊忘れ!スタート5分前に気づき!
あわてて次男に電話&ファックスしてもらうという!
次男のお年玉値上げしました。


私は私でドレミ系の調弦にする曲で、 乃木調子で弾こうとしてしまい、
きゃ〜〜〜とか言って、直して、しきりなおし!


親子ドタバタ劇場としか言えないな〜〜〜。

長男は演奏終了後、すぐ他のリハに行ったので、
3人での写真とれず、夫婦で豪華な控え室でおバカな撮影💦となりました。


それにしてもカメラをむけると、どうして普通に映れないのか・・・夫氏。




次の施設ではサックスも吹くと・・・はりきっていますが・・。
本気でしょうか・・・。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

コメントをどうぞ



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ