螺鈿隊20周年!!終了!!

螺鈿隊コンサート〜20th anniversary~
ゲストに沢井一恵先生、齊藤徹さんをお迎えし、
昨夜、たくさんお客様と一緒に終了いたしました。

 

音楽仲間も、箏仲間も沢山、作曲家の方達も!
海外からのお客様も!

長年螺鈿隊を応援し続けてくださっている皆さまも、
今回初めての皆様も!
生徒さんたちもたくさん!

ふと10数年前、渋谷公園通りクラシックスで行ったライブを思い出した。
比河流先生の「アルカディア」の記憶が鮮明。
あれも冬。
チラシは雪の結晶が散りばめられたもの。

皆、内弟子を卒業し、
それぞれに演奏活動をすこしづつスタートし東京での基盤を作りつつあった時期。
いろいろなミュージシャンとの関係をきづき、
才能豊かな作曲家の方達に作品を書いてもらったり、
ストイックで精力的だった他のメンバー。
慎君はZANというユニットを組んで、デビューしていた!

自分は3年間、育児中心の四国での転勤生活を終え、
東京に戻ってきてすぐだった。

それより前の螺鈿隊1st コンサートが18年前。
その時はヤス(安田有希ちゃん。現在アメリカ在住)
もいてメンバー5人でした。

沢井忠夫作品全曲暗譜という超やる気満々のコンサート。

その直前に夫の転勤が決まった。
長男は一歳になっていた。

これから螺鈿隊として活動を本格化していきたいというタイミングだった。
自分は27歳。

コンサートの打ち上げではメンバーが涙して大きなバックをプレゼントして見送ってくれた。
そのバックは今も使っている。

時間軸が行ったり来たりでわかりにくくてすみません。

とにかく3年後、30歳。
このころは次男もいて、お腹には三男がいた。

四国から戻ると、メンバーが基盤をつくっていてくれたおかげで、
ライブだったりお仕事だったりに、
すぐに混ぜていただくように。
どれほどありがたく、頼もしく、どれほど内心驚いていたことか。

このところは、プライベートでもいろいろとあったり、
個々の演奏活動もますます多忙になり、
4人揃うタイミングを作るのが難しかったけれど、
それぞれがいろんなこと乗り越えて20年という節目に自主公演やろう!
って気持ちが一致したことは、実は奇跡に近いことかもしれない。

代々木上原ムジカーザ。
予約の際、会場の方も
「え〜螺鈿隊ですか〜‼️お久ぶりです!」とすごく喜んでくださいました。

続く・・・。

 


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

コメントをどうぞ



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ