12月🎄螺鈿隊20周年コンサートを迎えます。

2018年も残り1ヶ月となりました。

今年もあっという間に師走になりました。

良い一年だったと思います。


いや、もう少しありますので、良い一年だったと言えるようにラストスパートです。

今年は、長年のお付き合いの方と久々にご一緒させていただくことがあったり、
新たにここ数年でご縁ができた方達と、腰を据えて、じっくりとりくむことができたり・・・

ふと突然入る演奏のお仕事やライブ・・・というのではなくて、
しっかりと気持ちを整えて、準備をして、挑む・・・・
というものに恵まれていたように思いました。

それは、昨年、または一昨年にできたご縁から、第二弾、第三弾・・・・
と今年に繋がっていったからであります。

大平光美さんとの学校公演もそう・・・
石井彰さんたちとのライブもそう・・・・
お花や尺八とのパフォーマンスもそう・・・・

そして・・・いよいよ、今月20日には螺鈿隊20周年コンサートがあります。

自分にとっては、一番長い年月となるユニットであります。

20年続く・・・なんて、結成当時(結成といっても、一緒に練習しはじめたのがきっかけで、
数年後、じゃ、チーム名作ろうか・・・・となっただけ、笑)
は考えもしていなかった。

いや・・・・20年後に箏弾いているかどうかなんて、考えもしていなかったし。

皆、それぞれ、休むことなく演奏活動を続け、
それぞれのシーンで頑張っているメンバー。

昔、リーダーの梶が言っていました。

螺鈿隊は・・・・いつも一緒にいて、一緒に練習して・・・とかそういうのではなくて、
それぞれがそれぞれの活動の中で得たもの、力にしたものを
4人が集結したときに、皆に還元する・・・・
そうしないと、きっと進歩はない。進化しない・・・・
だらだらと続けているのはあまり意味はない・・・・

というようなことを話していて、
当時、自分は活動らしいこともしていないし、レッスンだって、ほとんどしていないし、
自分が皆に還元できることって、あるのだろうか・・・・

このままではいけないな。

自分のシーンをつくらないと!!

なんて、思ったものでした。
それは10年くらい前だったのでしょうか。

そんなこともあり、とことん教室のお稽古にも力を入れるようになり、
いただくお仕事はなんでも引き受けるようになり、
そうこうしているうちに、個人として演奏の依頼がくるようになり・・・
なんとなく、自分らしい活動がちょっとできるようになってきた、この数年。

やっと、梶が言っていたことがストンと落ちるようになってきた。

当時は・・・なんとなく・・・ちょっと厳しいこと言うな〜〜〜なんて思ったのでした、笑。

このところは、時々、螺鈿メンバーで演奏することがあると、
(4人全員ではなくても)
確実に、以前よりも、それぞれの音楽は深く、大きくなっていることを実感する。
どんな変化が起きているだろうと、リハのたびに感じることがとても嬉しい。

もちろん、自分もどう感じられているかな・・・というのは、ドキドキですが、
刺激的でもあります。

さて、どんなコンサートになるか・・
実はまだ想像ができていない。

今月は螺鈿月間!!になりそうです。


 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

コメントをどうぞ



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

最近のコメント
アーカイブ