久々のサッカー観戦。次男編。

半年ぶりに、思い立って次男の試合(練習試合)を見に行きました。

近いので・・・・

日大付属高校のサッカー部との練習試合らしい。


一年生ではありますが、2年生のトップチームのメンバーにも混ぜていただいているようで、
今、彼にとって、サッカー命・・・・の時期らしいです。


「俺にとってのサッカーってどれくらい大事か、お母さん知ってる??」なんて、


先日とある口論の末に言われまして・・・・


大事なのはわかっているけど・・・・
どれほどかはよくわからないな〜〜〜〜

と思いつつも、

「わかってるよ!!!」と言い返した大人げない自分、笑。


サッカー歴10年目。
たしかにな〜〜、よく続いているし、
そのチーム、そのチームで大事な役割を担ってきた面もあり、
よく考えれば、相当のめりこんでいるのだろう。

うちにいると、どうしても三男のサッカーの活躍ばかり目について、
兄たちのサッカーの大切さを忘れそうになるのだけど、
いやはや、相当あつくやっているな、そういえば!と ふと我に返ります。


後半戦で1年生3名が2年生と交代して登場してきました。


その中のひとりは同じ中学校出身。


彼はすごく上手で(しかもなんというか、ワイルドなプレイで、すごくいいかんじなんです)
中学校のときは部活には入らず、民間のチームにいました。

でも高校では部活に入ってくれて、
晴れて次男と一緒にプレイできるようになったのです。


この二人のコンビネーションが、なかなかにいいかんじで、
試合に展開が生まれて、
結局彼は大事なゴールを決めました。アシストは次男。

感動というのとは、違うのですが、
着実にテクニックが上がっていることを知り、
また、体が大きくなってきたので、(それでもまだまだ小さい方ですが)
フィジカル面で他のメンバーと大きな差がなくなってきていることに驚き、
たくましくなっていることに気づき、
またこれまでだと、なんとなく、監督に言われるがまま、コーチの指示にしたがって・・・・
というかんじだったのが、
自分たちで考えて動いてる面が多いな〜〜ということもわかり、


やっぱり中学校までのサッカーとはまた一味二味違うわ〜〜〜。


とじっくり観戦しました。


やっぱり、サッカーやってるときが一番嬉しそうだ!!笑。



この日は、けっこう肌寒く、2時間近く応援していたら、
かなり冷えてきました。

メンバーはその後も試合が続くようで、
あ〜〜〜運動部って、こうなんだな〜〜〜

寒かろうが、あつかろうが、当たり前のように外に何時間もいて、
いつの間にか体も心も鍛えられてるのかな〜〜〜〜と。


いつの間にか、自分より、ずっと強くなっている(体力的にね、笑)な〜〜と
今さらながら思いまして・・・・


こどもって・・・・・

なんで、いつの間にか大きくなってるんだろう〜〜〜


と。


下の子たちも、こうして、いつの間にか、親より大きく、強くなってしまうんだろうな〜〜〜〜。



嬉しい。


そして、


自分ももうちょっと強くならないと・・・・と思ったのでした。



さて、動いている人をカメラにおさえるのは、かなり大変〜〜。


スマホを駆使して・・・・


なんとか・・・・笑。




 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

コメントをどうぞ



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ