プログラム7番:少年時代

プログラム7番

少年時代。

合奏勉強会では初めてのポピュラー曲(^^)


こちらもやはり夏らしい曲。


教室ではポピュラー曲を弾く機会はそんなには無いのですが、
時々、ドレミファ音階にも気軽に対応できるように・・・・
音色づくりの工夫になるように、
表現力をアップしていけるように・・・
等々のために、そして、なにより楽しく演奏できるように、
ということで、取り入れています。

今はアレンジ楽譜がたくさん出版されていて、
本当にありがたい。


ソロの曲から複数パートの曲まで。

演奏の幅も広がります!

こちらは箏2パート、17弦。

特に2箏は伴奏になるので、
和音(合わせ爪)でほぼすすめていくかんじです。

普段の調弦ではあまりない幅の和音が多いので、
中指を使用したり、
人差し指使ったりと、使い分けに最初はちょっと混乱しますが、
ドレミ系の曲をいろいろ経験していくうちに
すこしづつ身についていきます。


メロディー部分ももちろん素敵ですが、
間奏部分は各パートのソロ回しのようなフレーズ。
これがとってもかっこよくて、
そこはじゃんじゃんアピールするように弾いてください〜〜とレッスンで。


本番、自信を持って皆さんその部分を弾いていて、
かなりかっこよかったです!!


さて、飛び入りで、
小湊先生にも尺八の音色を入れていただけることになりまして、
途中からメロディーラインを一緒に演奏してくださいました。


そんなアドリブ的な対応も即座にこなしてくださる小湊先生!

なんて頼りになるのでしょうか。



ということで、今回で3回目となる助演だったのでした(*^_^*)



ポピュラー曲にもパパっと対応し、
きれいに演奏できる力も生徒さんたちにはつけていただきたいな。


古典曲もやはり知って挑戦していただきたいし・・・

現代曲もばっちり演奏していただけるとよいし・・・



あ〜〜〜〜〜〜


なんでもかんでも身につけていただきたい〜〜〜〜

とむちゃくちゃやん・・・・・笑。


だって、どれも楽しいんです。




オールラウンド弾けたら、
それだけ楽しみも増えるということなのです。


単純にそういうことなのです(^^)。


この曲も、私自身も演奏していてものすごく楽しかった!!


レッスン中は生徒さんに合わせて
いろいろなパートを弾くのですが
どのパートもそれぞれにおもしろいのです。


1箏を弾くときは、メロディーをとにかくきれいに歌うように・・・・
情緒豊かに・・・・

2箏のときは、1箏のメロディーがより一層きれいに聞こえるように、
ひきたつように、和音のバランスや音量、強弱を工夫する作業の楽しいこと!!

17弦のときは、音をだすだけで、幸せなのですが、
全体を包み込むように、重低音の良さを生かせるように・・・
テンポをしっかり安定して刻み、他のパートが弾きやすいように・・・・・・



本番で全パート揃ったときの嬉しさといったら・・・・

しかも1パート、複数名いらっしゃるので、
音の層が厚くて安定感があります。


とっても楽しくて、幸せな瞬間なのです。


こんな楽しい経験、
生徒さんたちに少しでもしていただけたらと。



またポピュラー曲も折にふれて取り入れたいと思っています!!



 ♪私が琴を教えています→小林真由子琴教室♪

コメントをどうぞ



  琴教室::小林真由子箏教室
  お琴教室を主宰しています♪

アーカイブ